【F1日本GP】2013年F1日本グランプリ:レースウィークイベント情報(木曜日編)

©KANSENZYUKU

今年も10月11・12・13日に開催される2013F1日本グランプリ。そのレースウィークに開催されるファンイベントの詳細が11日、鈴鹿サーキットから発表された。今回も木曜のピットウォーク&ドライバーサイン会に加え、昨年から導入された東コースウォークから始まり、決勝翌日のアフターイベントまで盛りだくさんの内容となっている。

まず今回は、10月10日(木)のイベント情報をご紹介する。

【10月10日(木)】
開催イベント/特別ピットウォーク、東コースウォーク、ドライバーサイン会
ゲートオープン/8:00
対象/2013F1日本グランプリの観戦チケットのお持ちの方は無料で入場(金曜観戦券も含む)

<特別ピットウォーク>
参加パス配布時間/9:00〜11:15
ピットウォーク開催時間/9:00〜11:30(最終入場11:15)
※最終入場時間までの入退場は自由
※混雑時には入場を制限させていただく場合があります。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

『見どころ』
週末のレースに向けて準備が進む各チームのピット前が開放され、メンテナンス中のマシンなどを間近でご覧いただくことが可能です。またチームによっては、この時間を利用してタイヤ交換練習を行う場合もあるので、運が良ければそれも間近でご覧いただけます。

■お子様連れのファミリーを対象に「キッズピットウォークを開催!
当日のピットレーンは大変混雑するため、お子様連れのご家族の皆様もゆっくりピットウォークを楽しめるよう、キッズピットウォークという形で別に時間が設けられています。

©KANSENZYUKU

時間/11:30〜12:30(最終入場12:15)
対象/2013F1日本グランプリ観戦チケットをお持ちの方で中学生までのお子様連れのご家族

その他、ピットウォークイベントでの注意事項(鈴鹿サーキット リリースより)
※当日「GPエントランス」にて、F1日本グランプリ観戦チケットを提示してください。ピットウォーク参加パスと引換えに、観戦チケット裏面へ「引換え印」を捺印させて頂きます。
※ピットウォーク参加パス(限定ポストカード)は、お一人様につき観戦チケット1枚に対してピットウォーク参加パス 1枚の発行となります。複数枚の交換は致しません。
※サイン会やプレミアムプログラム参加権は、参加パスに記載している番号で抽選予定です。
※雨天決行ですが、荒天その他の理由により開催の中止、開催時間の変更をする場合があります。予めご了承ください。
※鈴鹿サーキット駐車場の開門時間、三重交通臨時バスの運行時間等は、8月末に当ホームページにてお知らせいたします。

<東コースウォーク>
開催時間/9:00〜12:30(最終入場11:30)入退場は自由

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

『見どころ』
翌日から実際にF1マシンが走る鈴鹿サーキットの東コース(セクター1の区間)を開放し、自由に歩くことが可能。すでにコース脇の看板や縁石などもF1仕様になっている他、世界屈指の難関セクションと言われる鈴鹿の東コースは、ドライバー目線で見るとどのような景色なのか?それを体験出来るイベントです。

<ドライバーサイン会>
開催時間/16:00〜17:00
対象/ピットウォーク参加パスに記載されている抽選番号の当選者(660名)。
午前中のイベントが終了した後、メインストレートにある大型ビジョンで、ピットウォーク参加権の抽選会が行われ、その当選番号が発表されます。当たった方は、16時00分からのサイン会に参加可能。なおドライバーの指定はできませんので、お気をつけください。また落選してしまった方も、サイン会の様子をグランドスタンド(V1・V2席)が無料開放されるので、そこから観覧可能です。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また、サイン会の参加権以外に、パドックパスやVIP用ピットウォーク(11・12・13日にそれぞれ開催)の参加権などの抽選も同時に行われます。

この日は、セーフティカーによるコースチェックがある以外は、特に走行の予定はされていないものの、サイン会やピットウォークなどF1ドライバーとファンの距離が一番近い日になるため、今年もレース観戦を予定しているファンにとっては、見逃せないイベントになりそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る