【SGT】公式合同テストが鈴鹿で開催。GT500はGT-Rが最速、GT300はBRZが速さをみせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

7月19・20日の2日間にわたって三重県の鈴鹿サーキットでSUPER GTの公式合同テストが行われた。今回は来週に迫った第4戦SUGOに向けてのマシンチェックと、8月17・18日に同地で行われる第5戦「ポッカサッポロ1000km」のタイヤテストが行われた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

昨年は雨に見舞われた鈴鹿合同テストだったが、今回は2日間とも気温30℃に迫る夏日となり、各チームともに灼熱の鈴鹿でマシンやタイヤの状態などのデータ収集に余念がなかった。また、2日目は土曜日ということもあり、多くのGTファンがサーキットにかけつけ、レースウィーク並みの盛り上がりをみせた。

GT500クラスでは、今季はまだ勝利がないREITO MOLA GT-R(本山哲/関口雄飛)、MOTUL NISMO GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が速さをみせた。昨年の鈴鹿で優勝しているMOLAが初日に1分51秒985でトップタイムを叩き出すと、2日目は柳田/クインタレッリ組の23号車NISMOが1分52秒044で2日目トップ。総合では1・2位を分け合う結果となった。夏に強いと言われるミシュランタイヤとチャンピオンカーがいよいよ本領を発揮し始めており、来週の第4戦SUGOでも上位進出が予想される。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT300クラスは2日間ともSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太/井口卓人)が絶好調。初日に1分59秒386を叩き出すと2日目も2分00秒856でトップ。1000km勝負となる第5戦では第3ドライバーとして井口卓人を起用予定。GT300・500ともに経験があるだけに強力な助っ人になってくれるだろう。同期のプリウスGT、CR−Z GTが次々とFIA-GT3車両相手に勝利を飾っている中、BRZも夏の間に勝利を掴みたいところだ。

今年も大熱戦が繰り広げられているSUPER GT。第4戦SUGOは7月27・28日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催。そして第5戦は夏の風物詩とも言えるビックイベント「ポッカサッポロインターナショナル鈴鹿1000km」が8月17・18日に開催予定。どちらも各サーキット公式サイトやコンビニ・プレイガイド等で観戦チケットが購入可能だ。

SUPER GT鈴鹿合同テスト総合結果(SGT公式サイトより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る