【2013鈴鹿8耐】予選トップ3ライダー コメント

©KANSENZYUKU

#7 MONSTER ENERGY YAMAHA-YART [2’06.817]
中須賀克行選手
トップ10タイムトライアルの前のフリー走行で転倒してしまいチームには迷惑かけてしまいました。(トップタイムをマークした時は)マシンのチェックをしながらの走行だったのでタイムが出ているとは思わなかったです。予選では大トリで最後の走行だったのでプレッシャーもあったりフリー走行でも浮かれて転倒してしまっていたので挽回が出来てホッとしています。
決勝では、去年もこの形で行って一番最初に散っていってるので(笑)今年こそは8時間走りきってチームのみんなで喜びを分かち合いたいと思います。

Broc PARKES選手
今回は自分にとって全てが新しい経験で、しかもテストの時は雨であまりドライで走ることが出来なかったんですが今回乗ってみたらいいペースでタイムが出て、中須賀さんが非常に速くてチームの中では彼のタイムが基準になるので、自分にとってはここに合わせなければならないのか・・とプレッシャーにもなりましたが走っていくと自分も良いタイムで走れる様になってきたので安心しました。中須賀さんが転倒した時もチームが非常にいい仕事をしてくれ、中須賀さんも直前に仕上げた100%じゃないバイクで素晴らしいタイムを出したので頭が上がらない。このチームで走る事が出来てとてもハッピーです。

Joshua WATERS選手
木曜日は走行の機会がほとんどなかったんですが、昨日走ってみてマシンの感触も良かったですし、フリー走行で中須賀さんが転倒してしまいましたがトップ10タイムトライアルでは強い走りをしてくれてポールポジションも獲得できたので非常にハッピーです。明日のレースは簡単な事ではないですが全力で走りたいと思います。

#12 ヨシムラスズキレーシングチーム [2’06.960]
津田拓也選手
ドライで走れたらラッキーと思って勝負を急ぎすぎてしまった感じがあります。もっと走って走ってタイム出したら違う結果があったかもしれないけどドライで走れるうちにアタックしたい気持があったので状況をもっと読むのも必要だと感じました。でも自分のベストタイムも更新することが出来たし良かったです。マシンのフィーリングもすごく良かったですし、マシンもまとまっているのでこのタイムが出せたんだと思います。ヨシムラチームで走るという事は優勝以外考えてはいけないと思うので全力で勝てる様に頑張りたいと思います。

青木宣篤選手
6月の最初のテストから参加してマシンの状況も良かったり悪かったりを繰り返していて最終の鈴鹿のテストの後に竜洋で最後のテストをして自分でモヤモヤしていた部分がクリアになったので明日も優勝争いができると思います。

Joshua BROOKES選手
今回ヨシムラチームに参加させてもらって本当に嬉しい気持でいっぱいです。自分はまず学ばなければならない事が多かったので、初日からクリアな気持で色々と吸収しようと思いました。チームメイトも素晴らしく色々とアドバイスをしてくれて、そのお陰で自分も徐々にタイムが出せる様になってきました。
明日のレースは厳しい戦いになるのはわかっていますが予選が終わってここにいれる事は満足しています。明日はいいレースができると思いますが自分も過去に走ってこのレースの怖さを知っています。しかし強いチームなので乗り越えられると思います。

#634 MuSASHi RT ハルク・プロ [2’07.260]
Michael van dar MARK選手
正直に言うと乗っている時は完璧な走りじゃなかったので、そんなにタイムが出ているとは思わなかったので今はとてもハッピーです。チームメイトとくらべても同じ様なタイムが出ているのでチームとしては非常にいいと思います。鈴鹿を走るのも初めてで1000CCに乗るのもブリヂストンタイヤも何もかもが初めてで学ぶ事が多くて時間の経過が本当に速いです。ですがいいチームなので結果も出るんじゃないかと思います。
決勝はタフなレースになると思いますが、マレーシアでも走っているので暑さはわかっていると思います。バイクの仕上がりもいいので明日は期待できると思います。

高橋巧選手
マシンの状況も日に日に良くなってきていて、レースに向けてはいい形で進んでいると思います。マイケルのタイムを超えようとプッシュしたら転倒しそうになって心が折れてしまいました。レース前に転ぶのは良くないしチームメイトがタイムを出してくれていたので良かったです。
みんな同じ様なペースで走れているので決勝は悪いことが起きない限り、トップ争いはできると思うので最後まで勝負してみんなで優勝を勝ち取りたいと思います。

Leon HASLAM選手
今回また帰って来る事ができて非常に嬉しいです。過去に走っているのでハードなレースだと言うのは知っていますが非常にいいチームなので明日はいい結果が出せるんじゃないかと思います。しかし8時間は何が起こるかわからない。今日速くても明日結果につながるとも限りません。一番大事なのは高いレベルでアベレージタイムが出せる事だと思いますし、それが出来れば結果もついてくると思います。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る