【2013鈴鹿8耐】36回目の8耐を制したのは、予選3番手の#634 MuSASHi RT ハルク・プロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

上位チームに大きな動きはなく7時間が経過した頃、スプーンあたりで雨が振り出し各チームに緊張が走った。
残り30分を切ると更に雨が激しくなり、4番手走行中の#1 SUZUKI ENDURANCE RACING TEAMがレインタイヤに履き替えるとスリックタイヤよりいいペースで走っている事から3番手を走る#071 Team KAGAYAMAもピットインをしレインタイヤに履き替える。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

トップを走る#634 MuSASi RT ハルク・プロの高橋巧と、2番手の#12 ヨシムラスズキレーシングチームのJ.BROOKESはスリックタイヤでの走行を選択。

雨で最後に混乱はあったものの各マシンのギャップが大きい事もあり無理することなく走りきり、214周(8:00’01.280)で#634 MuSASi RT ハルク・プロがチェッカーを受けた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

2位は同一周回数の#12 ヨシムラスズキレーシングチーム、3位はケビン・シュワンツの参戦で鈴鹿を沸かせた#071 Team KAGAYAMA。
マシントラブルでピットインを余儀なくされた#7 MONSTER ENEGRY YAMAHA-YARTは8位まで挽回するのが精一杯だった。

©KANSENZYUKU

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る