【2013年8耐】MuSASHi RT ハルク・プロ 優勝コメント

©KANSENZYUKU

#634 MuSASi RT ハルク・プロ

高橋巧選手
最後に雨が降ってくれたので体力的には楽になったけど、第3スティントは本当に辛くてどんどんペースも下がってしまいました。でも次の人にバトンタッチするまで28周しっかり走り切る事だけを考えていましたので、無事最後まで走り切る事ができて良かったです。急にスティントが変更になった事について詳しい事はわからないんですが、最後のスティントは本当に雨が強くなってきたら最終的には自分で判断しろとチームからは言われていたんですが、自分としては暗くて路面もよく読めなかったしチームからピットインのサインが出るまでは走る続けようと思って走りました。前回の優勝は足を引っ張ってしまっていたので、今回は自分が引っ張って行こうと思っていたのに結局はチームメイトに助けてもらってなんとか優勝を勝ち取れました。

LEON HASLAM(レオン・ハスラム)選手
レース中に体が痛くなったり辛いこともあったんですが、この優勝という素晴らしい結果になり今は大丈夫になりました。明日になれば筋肉痛などあるかもしれないけど今はとてもいいフィーリングだよ。こういう機会を下さった皆さんに感謝の気持で一杯です。自分の1回目の走行の時にブレーキに少し問題を抱えていて上手く走れなかったんですが、その後他の二人がとてもいい感じで走れていたのでバイクの調子もいいんだろうなと分かりました。後はチームとして一定のレベルで走れば結果がついてくると信じて走っていました。表彰台から見る景色は今までTVで見ていて夢みていた。実際自分が立ってみるとやぱりすごい衝撃で一生忘れることはないと思います。

MICHAEL VAN DER MARK(マイケル・ファン・デル・マーク)選手
今はこのような結果に信じられない気持ちでいっぱいです。チームスタッフにもライダーにも恵まれて本当に感謝しています。
僕の走行に代わった時はレオン選手が2位で入ってきてコースに入ったんですがその時に清成選手が転倒したのが分かりこれで1位だと言うのは分かっていました。そこからプッシュしたんですが少し腕に問題があってなかなかプッシュできず予定通りの周回を走れなかったんですがミスするよりはいいと感じ自分の判断でそうしました。チームには自分のスティントをきちんとこなせなかった事は申し訳なく思いますが結果的には良かったと思います。初めての8耐でしたが今回の自分の結果を踏まえて来年また走れるチャンスがあればより強いライダーになって帰って来れると思います。表彰台の下には本当に沢山のファンがいてファンタスティックとしか言いようがなかったです。8耐というレースは世界的にも有名なレースですしそこにウィナーとして立てた事に素晴らしい気持でいっぱいです。

 

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る