【SGT】2013第4戦SUGO:魔物に翻弄されたレースウィーク、それでも各イベントは大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

27・28日の2日間に渡って行われたSUPER GT第4戦SUGO。今回は“SUGOの魔物”が牙を向き、レース後半にトップ5台が相次いで脱落するという大波乱の展開に、訪れた26,500人の観客は大興奮の一日となっただろう。

この日は朝から太陽が顔を出し、前日とは打って変わって真夏日。朝から各イベントともに大盛況だった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

早朝から始まった恒例のキャンギャルオンステージにも多数のファンが集まり、イベントエリアは大盛り上がりだった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ここSUGOはパドック裏のインフィールドエリアに大きなイベントスペースがあり、レクサスやBMW、日産、ホンダなどがPRブースを設置。レクサスLFAや日産GT-Rなどが展示されている。

©KANSENZYUKU

今回もARTAブース脇にはキッズカート体験教室が設けられ、こちらもファミリーに大人気だった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

グッズ売り場では、各チームをサポートするレースクイーンたちが登場し、グッズを購入したファンにサインを入れるサービスを行なっていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そして決勝前のピットウォークは、ピットロードとメインストレートがあっという間に埋め尽くされる盛況ぶり、各ドライバーもスタート前の貴重な時間だが、出来る限りファンと触れ合いパワーをもらっていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また、前日の夕方にお子様とそのご家族限定で行われたキッズピットウォーク。あいにくの雨模様となってしまったが、各チームのステッカーやうちわをもらおうとピットロードを駆けまわる姿が印象的だった。

©KANSENZYUKU

年に一度の東北開催ということで今回も盛り上がったSUGOラウンド。次回は8月17・18日、シリーズで最も過酷といわれるポッカサッポロ・インターナショナル鈴鹿1000kmが行われる。ここでも激しい争いが観られる可能性が高いだけに、見逃せない1戦だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る