【SGT】2013第5戦ポッカサッポロ1000km:GT500はMOTUL NISMO GT-Rが逆転ポール!

YATA7450

2013年のSUPER GT第5戦インターナショナルポッカサッポロ1000kmの公式予選が17日、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

この日も真夏日のような日差しが降り注いでいるが、この週末を何ヶ月も前から楽しみにしていたファンが多数来場。予選開始時点ではグランドスタンドもほぼ満員になる盛況ぶりだった。

まず15台から上位8台に絞られるQ1では、ここ数戦で絶好調のウイダーモデューロHSV-010を駆るフレデリック・マコヴィッキィが1分52秒694を記録しトップ通過。2位にENEOS SUSTINA SC430(国本雄資)、3位にZENT CERUMO SC430(平手晃平)とレクサス勢が続く結果。一方、前回SUGOのポールシッターで午前中の公式練習でもトップタイムをマークしていたREITO MOLA GT-RはQ1で関口雄飛がドライブしたものの、タイムが思うように伸びず、9位ノックアウト。大波乱のQ1となった。

続くQ2では、山本尚貴が乗り込んだウイダーHSVが真っ先にコースイン。いきなり1分52秒359を叩き出しトップに躍り出た。このままポールポジションかと思われたが、MOTUL NISMO GT-Rのロニー・クインタレッリが0.2秒上回る1分52秒440でトップ更新。山本は続けてタイムアタックに挑んだが、他車に引っかかり更新はならず。このままチェッカーフラッグが振られ、NISMOのポールポジションが決定した。

©KANSENZYUKU

2位には山本/マコヴィッキィ組のウイダーHSV。3位にはPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)が食い込み、3メーカーがトップ3を分け合った。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る