【SGT】2013第5戦ポッカサッポロ1000km:GT300はSUBARU BRZ R&D SPORTがPP

©KANSENZYUKU

SUPER GT第5戦インターナショナルポッカサッポロ1000kmの公式予選。GT300クラスは予想通り今季絶好調のSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太/井口卓人)がポールポジションを獲得した。

まず全車が出走して上位13台に絞り込まれるQ1では、山野哲也が担当し、いきなりコースレコードを塗り替える2分01秒481を記録。2位にS Road NDDP GT-R(星野一樹)、3位にOKINAWA-IMP SLS(土屋武士)と続いた。一方ランキング首位のMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)は98kgという重いウェイトハンデが影響し14位脱落。またGSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也)も17位でQ1敗退を余儀なくされた。

続くQ2では、佐々木孝太がドライブ。途中、他車に引っかかるシーンも見られたが2分01秒693でライバルを圧倒し、今季4度目のポールポジションを決めた。2位にはS Road NDDP GT-R。ルーキーの佐々木大樹が頑張ったが、BRZとは0.8秒の差をつけられてしまった。3位にはExe Aston Martin(加納政樹/安岡秀徒)が入った。ここ2戦連続で優勝を飾っているARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)は何とかQ2に進出したものの、Q2は8位に終わった。

©KANSENZYUKU

ちょうど予選前に佐々木孝太のSGT参戦100戦達成(今回は103戦目)を祝う会がピットウォーク中に行われ、その記念すべき日にポールポジションを決めるという素晴らしい結果になった。

なお、今回は第3ドライバーとして井口卓人も参加しており、明日の決勝ではステアリングを任される可能性もあるなど、注目を集めている。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る