【SGT】2013ポッカサッポロ1000km<決勝速報1>:ついにスタート!NISMOが先行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2013インターナショナルポッカサッポロ1000km。ついに決勝レースのスタートが切られた。

気温34℃、路面温度47℃と真夏のコンディションにも関わらずグランドスタンドを中心に各コーナーは多くのファンに埋め尽くされ、いよいよ1000km先のゴールを目指した大一番が始まった。

GT500クラスはPPスタートのMOTUL NISMO GT-R(ロニー・クインタレッリ)が先行。2位にウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴)が続いたが、1周目シケインにPETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴)がオーバーテイクし2位に浮上。序盤から日産、レクサス、ホンダがそれぞれ代表するチームによるバトルとなった。8周目を過ぎ、GT300との混走状態に突入すると、クインタレッリが上手くGT300マシンを抜いてリードを築いていく。一方、スタート直後に2位を奪われた山本だったが、混走を上手く利用し12周目の西ストレートで少し芝生に足を落としながらも扉をこじ開け、並びかける。しかし一貴も意地で130Rを駆け抜けブロック。順位は変わらなかったが、再び山本は果敢に攻め13周目のスプーンで、2位の座を奪い返した。現在15周を終了してクインタレッリとの差は2.0秒。ここからの追い上げに期待だ。

©KANSENZYUKU

一方、GT300クラスは今週末も絶好調のSUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太)が一気に独走。1周目から後続を置き去りにする走りを見せ15周を終了して、29秒もの大量リードを築いている。

GT500クラス途中経過(16周終了時点)
1位MOTUL NISMO GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)
2位ウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)
3位PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)
4位ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)。
5位KEIHIN HSV-010(塚越広大/金石年弘)

GT300クラス途中経過(15周終了時点)
1位SUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太/井口卓人)
2位S Road NDDP GT-R(星野一樹/佐々木大樹)
3位Exe Aston Martin(加納政樹/安岡秀徒/坂口良平)

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る