2013ポッカサッポロ1000km<決勝速報2>:山本尚貴が渾身の追い上げでトップ奪還!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2013インターナショナルポッカサッポロ1000kmはスタートして早くも1時間が経過。GT500クラスは40周を消化している。

GT500クラスはMOTUL NISMO GT-R(ロニー・クインタレッリ)が先行していたが、2位に上がったウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴)が怒涛の追い上げを展開。一気に背後に迫ると、先ほど一貴を抜いたヘアピン〜スプーンの区間で横に並びかける。しかし、相手は2年連続王者のクインタレッリ。予め仕掛けてくることは予想済みで隙を与えない。一度はチャンスを失った山本だったが、GT300の混走状態になったのを利用して再度アタック。23周目のヘアピンでアウト側から並びかけると、GT300車両に行く手を阻まれたクインタレッリをパス。ついにトップの座を奪還した。ここから山本は一気にペースを上げ後続とのリードを築きつつある。

©KANSENZYUKU

一方、2位に下がったクインタレッリはペースダウンが止まらず、PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴)、ZENT CERUMO SC430(平手晃平)に次々と抜かれ4位に交代。これをみてチームは29周を終えたところでピットインし柳田真孝にドライバー交代している。一方、トップの山本は30周を過ぎてもペースが落ちることなく、5秒近いリードを築いて35周終わりでフレデリック・マコヴィッキィにバトンタッチ。長距離レースに慣れているマコヴィッキィも、早速39周目に1分35秒035のファステストラップを叩き出し、2位のトムスに対し8.7秒のリードを築いている。

GT500クラス途中経過<39周終了時点>
1位ウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)
2位PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)
3位ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)
4位REITO MOLA GT-R(本山哲/関口雄飛)
5位Keeper TOM’S SC430(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ)

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る