【SGT】2013ポッカサッポロ1000km:赤福氷にプール!それぞれのスタイルで1000kmを観戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

コース上では白熱したレース展開となっているポッカサッポロ1000kmだが、気温30℃以上の灼熱の状態であることに変わりない。決勝レースを観戦しているファンも一度スタンドを離れて、それぞれのスタイルでレース観戦しながら鈴鹿サーキットでの一日を満喫している。

©KANSENZYUKU

この時期、大盛況なのが鈴鹿サーキットのプール。今年もテレビモニターが設置され、プールで遊びながら、その休憩がてら応援しているチームの順位を確認しにきていた。

©KANSENZYUKU

また夏の鈴鹿といえば、名物の赤福氷。南ゲート横に設置された店舗は長蛇の列となっており、今年も大盛況。かき氷片手にレース観戦と、なんとも夏らしいヒトコマが見られた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GPスクエア内で展開している各ブースに大型ビジョンが設置され、こちらでもレース映像を確認することができる。先ほどウイダーモデューロHSV-010(フレデリック・マコヴィッキィ)がMOTUL NISMO GT-R(ロニー・クインタレッリ)をパスしたシーンでは、歓声も上がった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

その一角にはミストが噴射される「クールダウンエリア」も用意されており、昨日よりも暑いコンディションになっているため、ここを利用するファンが非常に多かった。こうして思い思いのスタイルでレース中盤を過ごしていた。GT500クラスはまもなく最終のピットストップを迎え、感動のゴールが少しずつ近づいている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る