2013ポッカサッポロ1000km<決勝速報6>:GT500は18号車vs23号車のガチンコ勝負へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

フレデリック・マコヴィッキィの激走でトップを奪い返したウイダーモデューロHSV-010。対するMOTUL NISMO GT-R(柳田真孝)はなすすべがない状態になり始めていたが、チームは優勝を全く諦めていなかった。

139周を終えたところでトップの18号車と2位の23号車が同時にピットイン。ここで名門チームNISMOのメカニックに意地を見せ、迅速なピット作業を披露。ここでの逆転を狙ったが、18号車も素早く作業を済ませ、鼻の差で前に出てコースに復帰した。

ここまで数々のドラマがあった2013年のポッカサッポロ1000kmレース。GT500クラスは完全に18号車と23号車のガチンコ勝負という終盤戦になった。逃げる山本尚貴は、ここまで何度も初優勝に手が届きそうになりながら、後一歩及ばずのレースが続き、今シーズンも何度も悔しい思いをしてきた。昨日の予選を終えた後も「マシンが好調なのは確実だから、あとはミスやトラブルをなく1000kmを走るだけ。勝てるチャンスは十分にある」と冷静に語っていた。

一方、追いかける柳田真孝は、2年連続でチャンピオンを獲得し自他共に認めるSUPER GTを代表するエースドライバーの1人。今シーズンは名門NISMOに移籍し3連覇を目指す。開幕戦ではポールポジションを取れたものの、第3・4戦では自身が担当するQ1で敗退。今回はチームスタッフ全員がQ1突破のために努力し、その期待に応えポールポジションを獲得する原動力となった。「この流れを決勝でも維持して、しっかり結果を残したい」と予選後の記者会見でも語っていた柳田。

果たして、1000kmの女神はどちらのドライバー、どちらのチームに微笑むのか?その答えが、30周後に出ることになる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る