【INDY】2013第15戦ソノマ:ウィル・パワーが今季初V!琢磨は不運な接触でリタイア

©INDY CAR
©INDY CAR

F1同様にアメリカのインディカー・シリーズも夏休み期間を終え、こちらは早くも終盤戦に突入。シリーズ第15戦がカリフォルニア州サンフランシスコ郊外にあるソノマ・レースウェイで、現地時間の25日(日)に行われ、3番グリッドからスタートしたウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が今季初優勝を果たした。

レース前半はダリオ・フランキッティ(チップ・ガナッシ・レーシング)がリードしたが、前半だけで5回もフルコースコーションになるという荒れた展開に、目まぐるしく順位が入れ替わり、35周を過ぎたあたりかた、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)とパワーによる一騎打ちとなっていく。今季4勝目に向け、追いすがるパワーに対して確実にアドバンテージを築くディクソン。ところが思わぬところに落とし穴が待っていた。64周目に、この日6回目のコーションが出されると上位陣は一斉に3回目のピットストップを敢行。大混乱となった狭いピットボックスで、パワーのメカニックが持っていたタイヤとディクソンのマシンが接触するアクシデントが発生してしまう。ビデオ判定の結果、ディクソン側の方に安全の配慮が足りなかったとしてドライブスルーペナルティが下され、一気に20位まで後退。これでトップの座を手に入れたパワーが逃げ切ってチェッカー。今季初優勝で、昨年のサンパウロ以来、約1年半ぶりの勝利となった。

2位には序盤のスピンで大きく後退しながらも、着実に順位を取り戻してきたジャスティン・ウィルソン(デルコインレーシング)、3位にはフランキッティが入った。

©INDY CAR ©INDY CAR
©INDY CAR

佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)は、13番手からスタート。序盤で9位まで浮上し、順調なすべり出しをみせたが、19周目のリスタート直後に混乱に巻き込まれ他車と接触。サスペンションを傷めるほどのダメージを負うがチームは諦めずにマシンを修復。大きなタイムロスになったものの戦列に復帰する。しかし、終盤にコース上でスピンしたチャーリー・キンボールが体勢を立て直そうとした時にちょうど後ろからやってきた琢磨と接触。これが原因でリタイアを余儀なくされた。

佐藤琢磨コメント(Hondaリリースより)
「新品のソフトタイヤでスタートし、順位をいくつか上げることができました。マシンのセッティングもよかったようで、周りを走っていたライバル勢と同じペースで戦うことができていました。しかし、リスタート直後のターン3でスピンしたマシンが右側からコースに戻ってくる状況となり、接触してしまいました。傷めた右フロントサスペンションを修復してレースに戻ったのは、来年に向けてのデータを集めるためでした。大幅な周回遅れとなっていた私たちは、レースの邪魔をしないようにリスタートでは後方に下がるなどしていましたが、スピンをして止まっていた一台のマシンの横を通り抜けようとしたとき、彼が突然アクセルを踏み込んでぶつかってきて、リタイアを喫することとなりました。全く無駄なアクシデントだったと思います。次は得意とするボルチモアのストリートです。今週のレースからは気持ちをきっちりと切り替え、絶対に勝つという意気込みでレースに臨みます」

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る