【INDY】2013第16戦ボルチモア:予選はディクソンが今季2度目のPP、琢磨は10位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

2013年のIZODインディカー・シリーズ。先週に引き続き第16戦がアメリカ東部のメリーランド州ボルチモアで開幕。現地時間の31日に公式予選が行われ、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)が今季2度目のポールポジションを勝ち取った。

ボルチモアの街を利用した全長2.04マイルのストリートコースが今回の舞台。予選は全3ラウンドのノックアウト方式が採用された。ディクソンは順当に最終ラウンドのファスト6で進むと少ない時間を有効に使い連続してタイムアタック。ついに計測4周目で1分18秒0838を叩き出しポールポジションを決めた。

今年はストリートコースで圧倒的な強さを見せているホンダエンジン勢。ファスト6のラインナップをみても、ディクソンを含め6台中5台のマシンがホンダエンジン搭載車だった。2位には唯一シボレーエンジン勢で最終ラウンドに勝ち上がったウィル・パワー(チーム・ペンスキー)。前回ソノマではピットストップ時に勝敗を分けるアクシデントがあった。因縁の2人が明日はフロントローからスタートする。また3位にはシモン・パジェノー(シュミット・ハミルトン・モータースポーツ)が入った。

©INDY CAR ©INDY CAR
©INDY CAR

日本の佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)は、午前中のプラクティスでブレーキトラブルを抱えてしまい、予選に向けて準備が進まないアクシデントに見舞われたが、第1セグメントのグループ1を3位のタイムで通過。その勢いでファスト6進出を狙ったが、第2セグメントのアタック中に赤旗が出る不運に見舞われ10位で予選を終えた。

佐藤琢磨コメント(Hondaリリースより)
「朝のプラクティスではマシンにトラブルが出ていたために苦しい状況に追い込まれていました。しかし、私たちのチームは予選に向けて、見事なリカバリーをみせてくれましたね。予選の第1ステージを走り出してみると、マシンがとてもいいセッティングに仕上がっていることが感じられました。悔しいのは、予選の第2ステージでは赤旗にチャンスを摘まれてしまったことです。アタックラップを走っている間に赤旗が出されてしまいました。それでも、予選10番手は悪くない結果です。明日のファイナルプラクティスでさらにマシンを進歩させ、いいレースを戦いたいと考えています」

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る