【WEC】2013第4戦サンパウロ:1号車アウディが接戦を制し予選PP。可夢偉組はクラス4位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI Media
©DPPI Media

2013年の世界耐久選手権(WEC)第4戦サンパウロ6時間耐久レースの公式予選が現地時間の31日、ブラジル・サンパウロにあるインテルラゴス・サーキットで行われた。

今回は各チーム2人のドライバーがエントリーし、それぞれのベストと2ndベストの2周(×2人分で計4周)を平均で割ったタイムで順位を決めるシステム。

F1ブラジルGPも開催されるインテルラゴスは1周4.3kmと全長が比較的短く、その分タイムも接近して0.001秒を争う激しい予選となった。その中でポールポジションを勝ち取ったのが1号車アウディR18 e-トロン クワトロ(A・ロッテラー/M・ファスラー/B・トレルイエ)。現在ランキング首位の2号車アウディR18e-トロン クワトロ(A・マクニッシュ/R・カペッロ/T・クリステンセン)に対して、わずか0.050秒競り勝ち、平均タイム1分21秒303でポールポジションを獲得した。

©DPPI Media ©DPPI Media
©DPPI Media

好調アウディ勢のライバルとなるトヨタは、今回8号車トヨタTS030(A・デビッドソン/S・ブエミ/S・サラザン)の1台体制。予選はデビッドソンとブエミが担当し、平均タイム1分21秒580でトップから0.277秒差の3位に終わった。

日本人ドライバーでは井原慶子が乗り込む45号車のモーガン・ニッサンはLMP2クラス8位(総合12位)。小林可夢偉が乗り込むAFコルセ71号車はLMGTE-Proクラス4位(総合16位)で予選を終えた。

注目の決勝レースは現地時間の9月1日12時00分(日本時間の1日深夜0時)にスタートが切られる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る