【SGT】2013第6戦富士:GT300クラス プレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 7日(土)に開幕するSUPER GT第6戦富士。GT500クラス同様にGT300クラスもチャンピオン争いの候補が徐々に絞り込まれてきた。ウェイトハンデが一番重くなる富士を制し、2013年のGT300王座に向けて次のステップに進むのは、一体どこのチームなのか?こちらも見逃せない1戦が始まろうとしている。

【速さに強さが加わったスバルBRZ。88kgウェイトでも2連勝は可能?】
©KANSENZYUKU

 今回も注目チームは、やはりSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)になるだろう。今年は第3戦セパンを除く全てのレースでポールポジションを獲得し“速さ”という点では軍を抜いていたBRZ。しかしデビュー2年目で今年はシャシー面から大幅な改良を加えたこともあり、決勝での安定性、信頼性で苦戦。それでも春から集めてきたデータを少しずつ形にしていき、ついに前回の鈴鹿1000kmで悲願の初優勝を飾った。

 予選での“速さ”に決勝を安定して走りぬく“強さ”が加わり、まさに最強パッケージとっても良い状態に近づきつつある61号車のBRZ。鈴鹿での優勝でランキング2位に浮上し、シリーズチャンピオンも狙える位置。その反面、今回の富士では88kgという重いウェイトハンデを背負って臨まなければならない。幸い、彼らが一番警戒しているホンダCR-Z GT勢はMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)が首位で114kgと一番重く、ARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)も80kgとほぼ同じようなもの。そして走る度に進化し続けているBRZのマシンを考えれば、今回のウェイトは大きな影響はない可能性もあり、前回の勢いをそのままに2連勝ということも十分にあり得る。

©KANSENZYUKU

 もちろん、ここで連勝できればチャンピオンへ大きく近づくことになるだけでなく、第7戦オートポリス以降はウェイトハンデが全体的に少なくなっていくため、BRZがさらに有利になっていくことは確実。山野/佐々木組にとっては一番気を引き締めて臨まなければいけない1戦になりそうだ。

【114kgの超重ハンデをどう克服するか?ランク首位の武藤/中山組】
©KANSENZYUKU

 ここまで5戦を終了し、武藤/中山組の無限CR-Z GTがランク首位をキープしている。今年は優勝こそないものの、2位3回を獲得するなど全戦でポイントを獲得。どんな状態でも確実に高ポイントを勝ち取って帰ってくる安定感が、ここまでの結果に繋がっている。しかし、その代償としてポイントに応じて課せられるウェイトハンデはついに100kgの大台を超えてしまい、2位の61号車スバルBRZと比べても26kg重い114kgを積まなければいけない。ここまで重くなれば、速さでは定評があるCR-Z GTであっても不利になることは確実。もちろん、優勝を手にしたい気持ちは大きいかもしれないが、いかにポイントを稼いでウェイトハンデがなくなる終盤戦に向けて戦える位置に留まれるか?が重要になってくるだろう。

 実際にどのようなレース展開になるかは始まってみないと分からないが、16号車がウェイトと戦いながら、いかに上の順位を維持することができるか?という部分に注目していただけると、見応えのある1戦になるかもしれない。

【好調JAF-GT勢を食い止められるか?メルセデスSLS勢が反撃のチャンスを狙う】
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 今年のGT300クラスは国産のJAF-GT規格の車両が速さを見せており、第2戦以降、4連勝を挙げている。その一方で昨年・一昨年と圧倒的な強さを見せつけ、現在では同クラスの主流となっているFIA-GT3規格のマシンは優勝争いもさせてもらえないほど劣勢に立たされている。その中でも善戦しているのがGAINER DICXEL SLS(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)とOKINAWA-IMP SLS(竹内浩典/土屋武士)の2台。昨年からGT300クラスに登場したメルセデスSLS GT3だ。

 車体重量が重く鈴鹿サーキットやオートポリスなど中・高速コーナーが多いコースでは苦戦するが、富士スピードウェイのように長い直線からのブレーキングや立ち上がりでの加速という動きに対しては抜群の安定感を持っている。さらにヨーロッパの耐久レースでも好成績をおさめるなど実績のあるマシンで扱い方次第では燃費もかなりセーブできるとのことFIA-GT3車両は高いパフォーマンスを引き出せる反面、燃費の悪さに苦しめられることが特徴だが、メルセデスSLSの場合はその燃費がいくらか改善され、ピットでの給油時間も短縮できる。こういった細かい要素が少しずつ噛み合っていけば、最終的にJAF-GT勢相手に互角の争いを挑めるかもしれない。今までJAF-GTが勝てなかった分、GTファンとしては嬉しいシーズンになっているだろうが、そろそろここで海外名門メーカーが誇るGT3マシンの意地が見たいところだ。

 いよいよ開幕する第6戦富士。天気予報では週末を通して雨絡みのコンディションになることは確実。波乱のレース展開になれば、上記のマシン以外にも上位進出のチャンスが巡ってくるだろう。GT500の接戦ばかり注目が集まっているが、GT300も今回はかなりの混戦になりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る