【SGT】2013第6戦:ももクロがGTカーの迫力を体験!今回のピットウォークは同乗走行で大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

今日の予選日のみ富士スピードウェイに来場しているももいろクローバーZの5人。お昼休みのピットウォークでは、彼女たちもファンも楽しみにしていたGTマシンの同乗体験走行に参加した。

専用で用意されたレーシングスーツに身を包み、5人それぞれのカラーで彩られたももクロ仕様のレーシングキャップを被りメインストレートに登場すると、グランドスタンドで朝から応援していたファンからは大歓声が上がった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今回はNISMOチームの全面協力により、2006年のGT500クラスに参戦したフェアレディZが、ももクロ特別仕様にラッピング。そのマシンをドライブするのは“元祖日本一速い男”として知られる星野一義氏だ。また昨年のチャンピオンである柳田真孝も2008年仕様のGT-Rを駆って登場。よりレースの雰囲気を味わっていただくために、2台によるランデブー走行形式でイベントが行われた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

1人ずつ1周のみの同乗走行を体験した彼女たち。さすがにヘルメットを被って乗り込む直前は緊張した表情をみせていたが、実際に1周走って帰ってくると、その迫力に大興奮の様子。5人全員が満面の笑みをみせていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ドライバーの星野氏も、最初は安全を考慮し7割程度で走行していたが、好奇心旺盛なメンバーたちのリクエストにより、8割・9割と実際のレースペースに近い速さでの走行を披露。最後にリーダーの百田夏菜子さんが乗り込むと、2台のマシンは実際のレースさながらのようなバトルを展開。大サービスで2周目に突入し、そのメインストレートではスリップストリームで接触寸前まで近づき、1コーナーでオーバーテイク。観客席も大盛り上がりだった。星野氏も彼女たちの活躍は以前から知っており、走行後もにこやかな笑顔でレースの事について会話していたのが印象的だった。

実際に走行を終えた彼女たちの感想は「ジェットコースターとか苦手だったので、最初は不安でしたが、実際に走りだしてみると凄く楽しくて、まるでゲームの世界が再現されているような景色で感動しました。」「最初は緊張したけど、いざ乗ってみたら安心して、凄く楽しめました。できれば、まだ乗りたいです!」と、わずかな時間での体験だったが、メンバー全員がSUPER GTの世界を満喫していた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る