【SGT】2013第6戦富士(GT300予選):ARTA CR-Zが今季2度目のPPを獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2013年のSUPER GT第6戦富士。GT300クラスはARTA CR-Z GT(高木真一/小林崇志)が今季2回目のポールポジションを獲得した。

 まずは25台全車が出走したQ1では、午前中から速さを見せていたGT3仕様のGT-Rが速さをみせ、S Road NDDP GT-R(佐々木大樹)が1分39秒478でトップ通過。午前中にターボ系のトラブルに見舞われ十分な走行ができなかったが、午後に向けてマシンを修復し、たった1度しかないアタックチャンスで見事な走りを披露した。ポールポジションが決まるQ2ではGSR初音ミクBMW(谷口信輝)やGAINER DICXEL SLS(ビヨン・ビルドハイム)のFIA-GT3勢が次々と好タイムを記録するが、やはりここでもGT-R勢が速さをみせNDDP GT-Rの星野一樹が1分39秒198でトップに浮上。このままポールポジションが確実かと思われた。しかし、厳しい性能調整で苦しめられるJAF-GT車両が底力をみせ、残り2分というところでARTA CR-Z GT(高木真一)が1分38秒773を記録しライバルに大きな差をつけると100kgのウェイトハンデを積んでいるMUGEN CR-Z GT(武藤英紀)が1分39秒237で3位、SUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太)も1分39秒403で4位につけチェッカー。結局55号車がトップを守りきり、今季2度目のポールポジションを獲得した。

 ポールポジションを決めた高木は「朝からマシンが決まっていて、特にセッティングし直す必要もなく、すぐにタイヤの比較テストに専念できるほど完璧だった。まさか、あそこまでタイムが伸びるとは思っていなかったが、PPは嬉しい」と自分でも驚いた様子。Q1を担当した小林も「今回はマシンもチームもタイヤも完璧に決まっていて、全ての要素がベストな状態で揃っていたから、ポールポジションがとれたのだと思う。明日もこの調子で行きたい」と予選日を振り返った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る