【SGT】もてぎ合同テストはDENSO KOBELCO SC430が最速。レクサス勢が上位を独占

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU 台風18号の影響に伴い、急きょ1日のみの開催となったSUPER GTのツインリンクもてぎ合同テスト。当初は午前・午後合わせて4時間の走行枠で行われる予定だったが、1日目が中止になったこともあり午前3時間、午後4時間20分と計7時間20分の走行枠が拡大された。台風一過で青空が広がり、コースオープンと同時に続々と各車がコースイン。同地で行われる最終戦に向けてのタイヤ選択や最新パーツの確認を行った。

 総合でトップタイムを記録したのはDENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)で午後のセッションに石浦が1分41秒525をマークした。2位にはRAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/小暮卓史)が0.087秒差の1分41秒612と肉薄。序盤戦ではポイントランキングでリードしていたものの、前回富士で痛い0ポイントに終わってしまった2台。チャンピオン争いではトップから9ポイント差と厳しい状況にあるが、再度上位進出のために手応えのある結果を出した。

 3位以降はレクサスSC430勢がズラリと並び、ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)、PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)、Keeper TOM’S SC430(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ)、ENEOS SUSTINA SC430(大嶋和也/国本雄資)とトップ6のうち5台がレクサス勢という結果に終わった。一方、ここまで好調だったミシュランタイヤ勢はMOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)の9位が最高。ランキング首位のウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)はトップから0.7秒遅れの11位だった。

 GT300クラスは今季絶好調のSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)が速さをみせた。今回は第5戦鈴鹿で第3ドライバーとして活躍した井口卓人もテストに参加。午後のセッションで佐々木が1分48秒746を叩き出しクラストップ。2位のGAINER DICXEL SLS(平中克幸)に0.6秒もの差をつけた。なお3位にはMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)が続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る