【SGT】もてぎ合同テストはDENSO KOBELCO SC430が最速。レクサス勢が上位を独占

©KANSENZYUKU 台風18号の影響に伴い、急きょ1日のみの開催となったSUPER GTのツインリンクもてぎ合同テスト。当初は午前・午後合わせて4時間の走行枠で行われる予定だったが、1日目が中止になったこともあり午前3時間、午後4時間20分と計7時間20分の走行枠が拡大された。台風一過で青空が広がり、コースオープンと同時に続々と各車がコースイン。同地で行われる最終戦に向けてのタイヤ選択や最新パーツの確認を行った。

 総合でトップタイムを記録したのはDENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)で午後のセッションに石浦が1分41秒525をマークした。2位にはRAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/小暮卓史)が0.087秒差の1分41秒612と肉薄。序盤戦ではポイントランキングでリードしていたものの、前回富士で痛い0ポイントに終わってしまった2台。チャンピオン争いではトップから9ポイント差と厳しい状況にあるが、再度上位進出のために手応えのある結果を出した。

 3位以降はレクサスSC430勢がズラリと並び、ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)、PETRONAS TOM’S SC430(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)、Keeper TOM’S SC430(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ)、ENEOS SUSTINA SC430(大嶋和也/国本雄資)とトップ6のうち5台がレクサス勢という結果に終わった。一方、ここまで好調だったミシュランタイヤ勢はMOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)の9位が最高。ランキング首位のウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)はトップから0.7秒遅れの11位だった。

 GT300クラスは今季絶好調のSUBARU BRZ R&D SPORT(山野哲也/佐々木孝太)が速さをみせた。今回は第5戦鈴鹿で第3ドライバーとして活躍した井口卓人もテストに参加。午後のセッションで佐々木が1分48秒746を叩き出しクラストップ。2位のGAINER DICXEL SLS(平中克幸)に0.6秒もの差をつけた。なお3位にはMUGEN CR-Z GT(武藤英紀/中山友貴)が続いた。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る