【ビギナー観戦塾】今からでも間に合う!2013F1日本GPチケット購入可能エリア!

©KANSENZYUKU

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます。

今年もF1日本グランプリの開催まで1ヶ月と迫ってきました。すでにチケットを購入して準備を進めている方も多いでしょうが、中にま「これからチケットの入手・・・」という方もいると思います。かつては15万人以上の来場があった数年前は発売から2ヶ月足らず(5月初旬)で指定席が完売してしまうほどの人気で、当時のことを知っているファンの皆さんは「チケットは確保できないかも」と諦めているかもしれません。

しかし!今年はまだ人気のエリアから格安のアウトレットシートまで、まだチケットが残っています!そこで今回は1ヶ月前でも帰る観戦エリア特集をご紹介したいと思います。

※この記事は9月18日現在のチケット情報をもとに作成しています。掲載後、完売になってしまうチケットも発生する恐れがありますので、ご了承ください。
※これから紹介するエリアで掲載している写真は、実際に購入された際の座席の景色と異なる場合がございます。ご了承ください。

2013F1日本グランプリ観戦チケット購入サイト

【ビギナー観戦塾】2013F1日本グランプリ観戦エリア紹介
(1)RED ZONE
(2)BLUE ZONE
(3)西コース

2013F1観戦席MAP

【グランドスタンド:V1エリア】
V1-1/62,000円
V1-2/62,000円※残りわずか!
V1-3/62,000円

グランドスタンド下段のV1席。上段のV2と比べると景色という点では劣ってしまいますが、その分コースとの距離は近いため迫力は抜群!特に決勝日に行われるドライバーズパレードでは声援も届きやすく、ドライバーが手を振ってくれる可能性もあります。またスタート直前の様子もV2より近い場所で観られるため、レース前の緊張感を肌で感じることが出来ます。

■皆でみると安くなるグループシート対象エリア
そして他のエリアにはないお得なポイントがグループで購入すると1枚あたりの値段が安くなる「グループシート」です!予め何人かで観に行くと決まっている方は利用するとおトク!ファミリーシートの対象ではないけれども(お子様がすでに成人している)ご家族で観戦する方、また会社の同僚や普段からスポーツバーなどで一緒にF1観戦する仲間で固まってレースを観たい場合はグループシートがお勧めです!

■大好評のレディースシートもV1エリアのみ購入可能!
大人気のレディースシートも、このV1エリアはまだ購入可能です!こちらも複数人でセット購入すると1枚あたりの値段が安くなります。計画するのが遅くなってしまい、少し諦めかけていた「女子会@F1観戦」、まだ間に合いますよ!

【グランドスタンド:V2席最終コーナー側】
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

V2-3/64,000円
V2-5/68,000円
V2-6/64,000円
V2-9/64,000円
V2-12/76,000円

グランドスタンドの中でも最終コーナー寄りのブロックになる席。決勝グリッドのポールポジションや上位チームのピットが1コーナー寄り(すでに完売)と比べ下位チームのピット前ということもあって、毎年なかなか人気がありません。ただ、1コーナー側では決して体験できない最終コーナー側のメリットが「表彰式」です。ポールポジションの位置とは対照的に鈴鹿の表彰台は最終コーナー寄りに設置されているため、レース後の歓喜の瞬間を目の前でお楽しみいただけます!さらにパルクフェルメもピット入口(グラスタ最終コーナー側)に設けられるため、PPや優勝したドライバーのガッツポーズシーンを生で観ることができます。

また、一部エリアはV1同様にグループシートの対象席になっているため、お友達やご家族で購入するとお得ですよ!

【メインストレート:A1エリア】
©KANSENZYUKU

A1/41,000円
スタート直後の白熱したバトルが間近で観られるA1席。グリッドからは外れてしまっていますが、メインストレートを疾走していくマシンの迫力はグランドスタンドと同じです!またGPスクエアからも近い観戦エリアなのでアクセスはすごく便利!さらに10番P(未舗装)の駐車場券とセットになった観戦券も僅かながら販売しているので、お車で観戦に行く予定の方はチャンスです!

【1−2コーナー:B2エリア】
©KANSENZYUKU

B2-1/57,000円
B2-2/57,000円
超大人気エリアの1−2コーナーにある大きなスタンド「B席エリア」もまだ購入可能です!5万円以上と高額なエリアですが、メインストレートから1−2コーナーだけではなくS字、逆バンクなど東コースエリアのほぼ全てが見渡せる観戦エリア。こちらも駐車場券セットのチケットも少し残っているので、今年は是非B席で観戦してみてはいかがでしょうか?

【2コーナー:C席ドライバー応援席】
©KANSENZYUKU

C席ドライバー応援席/37,000円
昨年は小林可夢偉応援席で盛り上がったC席。今年は各ドライバーの応援席としてセバスチャン・ベッテル、ジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトンの応援席がそれぞれ設けられます。普段はテレビの前で、好きなドライバーを1人で応援しているという方も、ここ鈴鹿では皆一緒になって声援を送ることが出来ます。そんな体験をしてみてはいかがでしょうか?もちろん、通常席もまだ残っています!
ドライバー応援席の詳細(鈴鹿サーキット公式Webサイト)

【逆バンク:D席アウトレット】

D席アウトレットシート/11,000円
平均でも3〜4万円するF1の観戦チケット。やはり高く感じてしまうものですよね。そういったファンの皆さんに少しでもF1観戦の機会を設けらればということで作られたアウトレットシート。これは観戦エリア最前列など防護フェンスが邪魔になっていまう場所のみを通常観戦券より安く販売するというもの。今年も各エリアのアウトレットシートは完売になってしまっていますが、逆バンクのD席はまだ購入可能!一番安い11,000円という価格でチケットが購入できます。

例えば学生の皆さんなど少しでも節約してF1観戦したいという方はアウトレットシートがお勧め!さらに通常のD-2では学割が適用され、通常18,000円のところを14,000円で購入可能。こちらもお勧めです!

【200R:J席】
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

J席/22,000円
毎年、隠れて人気だった西コースエリアのJ席。今年は大型ビジョンが設置されることに伴い値段が上がってしまいましたが、まだ完売していません!ヘアピンの立ち上がりから真正面の角度で観戦可能しかもフェンスの邪魔もありません!J席に行くまでの道中が大変ではありますが、それを除けばベスト5に入るくらいの観戦ポイントと言ってもよい場所。そこに今年は大型ビジョンが設置されるので、レースの戦況も把握できます!

【最終コーナー:R席】
©KANSENZYUKU

R席/44,000円
以前(Q席が出来る前)は大人気だった最終コーナーのR席も、まだ購入するチャンスが残っています!このエリアの魅力は、以外にも“スタートが観える”ということ!もちろん、正面からではなく後ろからのバックショットになりますが、普段とは違う角度からのスタートシーンはなかなか観られません。ちょうどシケインを立ち上がった最終コーナーを駆け下ってくる場所なので、迫力も十分もあります。

【カメラマンエリアチケット】
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

B2/ヘアピン入場不可:38,000円
今年も発売開始時から大人気だったカメラマンエリアチケット。実は一番安い組み合わせであるB2/ヘアピンを除くカメラマンエリア入場可能券が、まだ購入可能です!S字や逆バンクなど、アマチュアカメラマンの間でも人気の高い場所で望遠レンズを使っての撮影が可能。「マシンの走りを撮りたい!」という方は、お勧めのチケットです!

2013F1日本グランプリ観戦チケット購入サイト

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
この他にも購入可能な観戦エリアがいくつかありますので、鈴鹿サーキットのチケットサイトを見て検討してみてください。「F1のレースを生で観てみたいなぁ」と思っていた皆さん、今からでも十分間に合いますよ!

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る