【F1】2013第14戦韓国GP:メルセデスAMG勢を抑え、ベッテルが今季6度目のPP!

©Pirelli
©Pirelli

 2013年のF1第14戦韓国GP。2日目を迎えた5日(土)には、公式予選が行われた。今週末は台風23号の接近が心配されていたが、進路が大陸よりにズレた事で、予選日はドライコンディションになった。

 今回もノックアウト方式で行われた予選。金曜日から絶好調のレッドブル、メルセデスAMGの2チーム4台による激しいバトルとなった。まず全車が出走したQ1ではミディアム(白)タイムを出す中、早々とスーパーソフト(赤)を投入しタイムアップするドライバーも何人か見られ、このラウンドではキミ・ライコネン(ロータス)が1分38秒341でトップ通過。その他の上位陣も順当に次のラウンドに進出した。続くQ2では、直前までスーパーソフトを温存していたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が本領を発揮。1分37秒569までタイムを伸ばしトップでQ3へ進出。僚友のマーク・ウェバーをはじめ、メルセデスAMG、フェラーリ、ルノーの各陣営も2人揃ってコマを進めた。ここで関係者を驚かせたのは最近成長が著しいザウバーチーム。残り時間わずかなところで2回目のタイムアタックを行いニコ・ヒュルケンベルグが1分37秒913を叩きだすと、新人のエステバン・グティエレスも1分38秒327で続き見事2台揃ってQ3へ進出。これによりマクラーレンのジェンソン・バトン、セルジオ・ペレスがQ2で姿を消すことになった。

 最後は10分勝負で行われるQ3。ここヨンアムも、1周のラップタイムが比較的かかるため、グリーンSシグナルと同時にレッドブルとメルセデスAMGの2チーム4台がコースイン。ここでもベッテルが速さを見せ1分37秒202を出し、ライバルのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)に0.3秒の差をつけ暫定トップ。残り3分を切ったところで1アタック勝負のフェラーリ勢をはじめ、各車が再度コースイン。打倒ベッテルを目指した。その中でも区間タイムで一番肉薄したのがハミルトン。セクター2まで上手くつないでくるが、あと一歩が足りず1分37秒420。僚友のニコ・ロズベルグも1回目に出した自己ベストを上回ることができない。またランク2位のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)もセクター1では全体ベストを出してみせるが、コーナーが連続するセクター2,3で後れを取ってしまい1分38秒038。こうして誰もトップタイムを更新できずチェッカーフラッグ。2回目のタイムアタックに出ていたベッテルは、誰も上回れないことが確認できると、すぐにアタックをやめてピットへ。今シーズン6回、通算42回目のポールポジションを獲得。2位にはハミルトンが入ったが、マシンを降りても笑顔はなく「また負けた」という悔しさがにじみ出ていた。3位にはウェバーが入ったが、彼は前回シンガポールGP決勝終了直前にトラブルでマシンストップ。チェッカー後にアロンソのマシンに同乗して帰った事(具体的には待っていた場所)が危険行為とみなされ、明日は10グリッド降格ペナルティが決まっている。これにより明日の3番手はロメイン・グロージャン(ロータス)になる予定だ。

 いよいよF1日本GP前では最後のレースとなる韓国GP。日本と時差がないため、決勝は日本時間の6日(日)15時00分にスタートが切られる。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る