【F1日本GP】鈴鹿サーキットとTwitterがコラボ!GPスクエアに話題のTwitter Mirrorが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

開幕まで1週間を切った2013年のF1日本グランプリ。今年は新たな試みとして鈴鹿サーキットとTwitter社がコラボし、会場内のイベント広場「GPスクエア」にTwitter Mirror(ミラー)が設置される。

Twitter MirrorとはTwitter社が独自に開発したタブレット端末のカメラを連動させた写真撮影ブースが設置され、投稿者はそこで鏡を見るようにして写真撮影。その写真が鈴鹿サーキット公式アカウント「@suzula_event」からツイートとして、その場で更新される。

すでに海外ではグラミー賞、アカデミー賞、さらにはNBAのドラフト会議といった会場に導入され、国内では今年8月に行われたサマーソニック2013で登場。アーティストたちがこぞってバックステージの様子をツイートしていた。

今回は10日(木)のピットウォークから14日(月・祝)のアフターイベントまで5日間。GPスクエアにブースが設置される。鈴鹿サーキットの公式アカウント(@suzuka_event)にファンの写真を応援メッセージとともにアップ。現在は約半数のドライバーやチームがTwitterアカウントを持ち、最新情報をチェックしているため、あなたの写真付きツイートがドライバーの目に止まる可能性も十分ある。また、週末はドライバーからのオフショット写真も更新されるかもしれない。

※ツイートに関しては全て@suzuka_eventのアカウントでツイートされる。そのため、アカウントを持っていない人でも投稿可能。また文字入力はできないが、ブースにメッセージを書き込めるボードが用意され、好きなドライバー・チーム、さらにご自身のアカウントもメンションとしてツイート内に入れ込む事は可能となっている。

©KANSENZYUKU

またレースウィーク中は鈴鹿サーキット公式アカウント@suzuka_eventからイベント情報やサーキット内の様子が写真付きツイートで更新されるほか、レース中のリアルタイム情報については@suzuka_liveのアカウントで更新される。なお、公式ハッシュタグは#f1jpだ。

まだアカウントをお持ちでない方も、無料ですぐ登録できる。レースウィーク中はTwitterを利用して、より便利により楽しく鈴鹿サーキットでのF1観戦を過ごしていただければと思う。

今年のサマーソニックで展開されたTwitterMirrorのギャラリーはこちらから見ることが出来ます。

コラボに関する詳細
鈴鹿サーキット公式アカウント
鈴鹿サーキットレース実況用公式アカウント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る