【F1日本GP】ベッテルが日本GP仕様ヘルメットを公開。今年は日本ゆかりの物が描かれたデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©sebastianvettel.de
©sebastianvettel.de

 今週末のF1日本グランプリで4度目のチャンピオンに王手をかけているセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。自身も大好きだと語る鈴鹿に向け、今年も日本GP特別仕様のヘルメットデザインで参戦する。

 今年は日本に関する様々なものがヘルメット内に描かれており、全体的に桜をメインにしたデザイン。上部には“日の出”をイメージした日の丸が描かれているほか、よく見ると折り鶴や五重の塔など、日本ゆかりのものをイメージしたデザインになっている。

©sebastianvettel.de ©sebastianvettel.de
©sebastianvettel.de

 「鈴鹿サーキットは世界で最も素晴らしいサーキットの一つだし、何より熱狂的なファンが多くて大好きだ。特に誰かに偏るのではなく、どのドライバーも公平に応援してくれている姿勢が素晴らしい」と鈴鹿サーキットだけではなく、日本のF1ファンも大好きだというベッテル。水曜日に横浜の日産ギャラリーで行ったトークショーや、木曜日の鈴鹿サーキットでのサイン会でも終始笑顔が絶えることはなく、時間の許すかぎり1人でも多くのファンにサインをしようと、自ら積極的にファンサービスを行っているのが印象的だった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 ここ鈴鹿でベッテルがチャンピオンを決める条件は、自身が優勝しフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が9位以下にならなければならない。条件としては厳しいが、明日の予選、そして明後日の決勝と我々にどのような走りを見せてくれるのか?彼のヘルメットとともに注目してみてみたい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る