【F1】2013第15戦日本GP:FP3はウェバーがトップタを奪うもベッテルはトラブルか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2日目を迎えた2013F1日本グランプリ。今日も秋晴れとなった鈴鹿サーキットではフリー走行3回目が行われ、マーク・ウェバー(レッドブル)が1分32秒053でトップタイムを記録した。

 前日とは売って変わり気温24℃、路面温度37℃でセッションがスタート。午後の予選に向けて再度コースやマシンのチェックを各車が行った。セッション前半はロメイン・グロージャン(ロータス)が好タイムを出していたが、残り10分というところで、新品のミディアムタイヤを履いてコースインしたウェバーがタイムを伸ばした。2位にはルイス・ハミルトン、3位にはニコ・ロズベルグとメルセデスAMGが続いた。午後の予選も同じようにレッドブルとのポールポジション争いになりそうだ。

 しかし、ここまで好調だったレッドブル陣営に暗雲が立ち込める。ここ鈴鹿でチャンピオンを決める可能性があるセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だが、わずか8周のみの走行でセッションを終了。最後の10分間もミディアムタイヤでのコースイン、予選シミュレーションを行わなかった。その後、レッドブルのピットでは慌ただしく作業が進められており、ベッテルのマシンはエンジンとギアボックスを外し、メカニックスが数人取り囲んで険しい表情で作業をしており、ギアボックスに何らかのトラブルが発生したと思われる。

 フリー走行3回目から公式予選まで、わずか2時間。ベッテルのマシンがちゃんと間に合うのか、少し心配なところだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る