【SGT】山本尚貴が未来のレーサーを発掘!?「第3回ナオキッズカート」を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©SHIGE.Y

 今年SUPER GTで悲願の初優勝を飾り、先日行われたスーパーフォーミュラ最終戦では見事な逆転チャンピオンを獲得した山本尚貴が16日、子供向けのカート教室イベント「ナオキッズカート」を開催した。

©SHIGE.Y ©SHIGE.Y

 昨年から始まったイベントも今回で3回目。会場のグランデ・イソーラ(栃木県日光市)に事前応募の中から抽選で選ばれた12名の子供たちのほとんどがレーシングカート初体験。まずは山本自身がカートの乗り方からアクセル・ブレーキペダルの説明などを丁寧に分かりやすくレクチャー。初めての体験ということもあり、参加した子供たちも最初は緊張している様子。最初は思うように前に進まない子もいたが、山本先生が手とり足取りでアドバイスをし、少しずつ上達。午前中のコース走行では後ろからロープでつないだ大人用カートでフォローしながら恐る恐る走っていた子供たちだったが、最後は全員がロープを外して自分たちの力でコースを周回。必死に目の前のコーナーに進入していく姿を山本もピットから笑顔で見守っていた。

©SHIGE.Y ©SHIGE.Y

 最後にはウイダーモデューロ童夢レーシングのレーシングスーツに身を包み、今年のトレードマークでもあった黄色のヘルメットを装着して実際のレースさながらの全開アタックを披露。その走りに参加した子供たちもくぎづけになっていた。その後、協賛スポンサーからのグッズを手渡され、参加者全員と記念撮影をしてイベントは無事に終了した。

 今回のイベントは「未来のレーサーを発掘する」ことよりも、1日のカート体験を通して“ルールや約束を守り、しっかり挨拶する事”や“頑張ることの大切さ”など日常生活で大事にしてほしいことを伝えていく場にしていきたいと考えている山本。「この1日で子供たちは少し大きくなれたんじゃないかなと思います。でも、この日はみんなの笑顔に癒やされました」と、初めての事に一生懸命チャレンジする子供たちからも、エネルギーもらった様子で参加者も山本自身も充実した1日を過ごした。

撮影:©SHIGE.Y
記事:吉田 知弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る