【TMS】ホンダは“S660コンセプト”など新モデルを続々とお披露目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 20日に開幕した第43回東京モーターショー。今回は西ホールに大きな展示スペースを構えているホンダも午後にプレスカンファレンスを行った。今年5月にF1への復帰を正式発表し、国内レースでは来年からNSXコンセプトをベースにした新マシンが投入されるなど、モータースポーツ面での話題も多く、カンファレンスの1時間前から各国の報道陣が集まり、会場に入りきらないくらいの人で埋め尽くされた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 昨年、公開されたNSXコンセプトに加え今回も新しいハイブリッドスポーツモデルを用意。その名は「ホンダS660」。そのコンセプトモデルがアンヴェールされ初お披露目された。かつてホンダ車の中でも大人気だった軽スポーツ「ビート」の後継的モデルの意味合いもあり、2015年から量産化に向け開発が進められている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 この他にも2011年の東京モーターショーを皮切りに続々と発表されているホンダの軽乗用車「Nシリーズ」の第4弾であるNワゴンが発表され、さらに新しいSUVモデルとして「ヴェゼル」もお披露目された。

2008年のF1撤退以降、ハイブリッドシステムに力を注いできたホンダは3モーターのSH-AWDシステムを開発。今後NSXなどのハイブリッドスポーツモデルに投入されていく予定だ。さらに直噴ガソリンターボエンジン「V-TECターボ」も新開発。来年からのF1パワーユニットともリンクするエンジンだけに、今後F1からのフィードバック効果も期待される。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また伊東社長は、2015年からのF1復帰についても現状経過を報告。先日研究所で始動したエンジンサウンドも報道陣に公開し「2015年のF1復帰に向け、一生懸命開発中です。どうか新しいホンダミュージックにご期待ください。」と自信満々の様子でコメントした。最後に「これからもホンダは夢とアイディアがぎっしり詰まった“ワクワク”するスポーツモデルを、これから続々と投入していきます。是非これからのホンダにご期待ください」と締めくくった。

 今回は他メーカーから離れている西ホールでの展示だが、是非期間中は足を運んでいただきたいブースの一つだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  2. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  3. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  4.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  5. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る