【F1】2013最終戦ブラジルGP:レースレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 3月に開幕した2013年のF1世界選手権も、ついに最終戦ブラジルGPを迎え、現地時間の24日(日)に決勝レースが行われた。今年はチャンピオン決定の舞台にはならなかったものの、マーク・ウェバー(レッドブル)の引退レースや地元出身のフェリペ・マッサがフェラーリでのラストレースということで注目が集まった。

 しかし、金曜日からサンパウロのインテルラゴス・サーキットは大雨に見舞われ、フリー走行・予選と大混乱。その中でも王者セバスチャン・ベッテル(レッドブル)だけは異次元の速さで今季9度目のポールポジションを獲得。ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)がフロントローに並んだ。

 日曜日の決勝は、上空には雲が残るもののドライコンディションでレースが開始。スタートでは好ダッシュを決めたロズベルグがベッテルのインを奪いトップで1コーナーへ。珍しくスタートで順位を落としたベッテルだが、今回も序盤から積極的にプッシュし、2周目に逆転。早くもトップの座を取り戻す。そこからはいつもの独走劇で5周目には後続に4.9秒のリード。一方抜かれたロズベルグはタイヤが思うようにマッチングせず、4周目にフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、7周目にはウェバーにも抜かれ順位を下げていく。

 これまで不運続きで完走することもままならなかったウェバーは、アロンソに積極的にしかけていき13周目にパス。ここ南米のブラジルでもレッドブルによるワン・ツー体制が早くも出来上がった。

 20周を過ぎて上位陣が1回目のタイヤ交換を終えると、上空から少しずつ雨が降り始める。昨年のブラジルGPでも雨に翻弄される難しいレースとなったが、今回も同じように後半にかけて雨が気になりだすレース展開となったが、ベッテルは終盤まで危なげない走りでトップを死守。ついに連勝記録を9に伸ばすトップチェッカーを受けた。2位にはそのままウェバーが入り、ラストランで有終の美を飾った。3位にはアロンソが続いた。

 年間最多勝記録でも2004年のミハエル・シューマッハに並ぶ13勝を記録したベッテル。最近では当たり前の光景となった“勝利の舞”をここでも披露。最強すぎた2013シーズンを、いつも通りのパフォーマンスで締めくくった。

 こうして3月から始まった2013シーズンは終了。2014年のF1は3月14日(金)にオーストリアのメルボルンで開幕する予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る