【SGT】脇阪寿一のSARD離脱が明らかに。自身のブログで心境を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2013年シリーズも終了し、つかの間のシーズンオフに入った3日。SUPER GTを代表するドライバーである脇阪寿一が今季限りでLEXUS TEAM SARDを離脱することが明らかになった。

 まだチーム側やメーカー側からの正式発表はないが、脇阪は自身のブログで来季の契約状況について報告。SARD側は契約更新を行わない姿勢でいることも、全て明かされた。

 これについて脇阪は自身のブログで「言い訳したいことはたくさんありますが、僕のパフォーマンス不足。プロは黙って受け入れる。」とコメント。ただ、来季について現役続投の意思を変えておらず「まだまだ心の中の炎は消えてませんし、身体が動かなくなるまで走り続けたいと思っております。」と強い決意を語った。

脇阪寿一公式ブログ

 長年、トヨタ・レクサスのエースとして活躍し2002年にはチームルマンでチャンピオンを獲得。車両がSC430に変わった2006年以降は名門トムスに移籍、アンドレ・ロッテラーとのコンビで2006・2009年にもチャンピオンを飾ってきた。

SARDには2012年から在籍し同年の第2戦富士でチームに8年ぶりの優勝をもたらした。今シーズンも石浦宏明とのコンビで参戦。第3戦セパンで2位表彰台を獲得。最終戦までチャンピオン獲得の可能性を残していたが、一歩及ばずランキング7位に終わった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 何年経っても衰えないアグレッシブな走りだけでなく、ピットウォークなどでは惜しみなくファンにサインをするなどサーキットでは人気の高く、彼のファンも多い。それだけに今後のチーム移籍情報などが気になるところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る