【F1日本GP】可夢偉応援席が復活!今年は各ドライバー・チーム応援席も設置予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Caterham F1 Team
©Caterham F1 Team

 10月3〜5日に開催される2014F1日本グランプリ。鈴鹿サーキットから開催概要が発表される前日に小林可夢偉のケータハムからのF1復帰が決定。それに伴い、「小林可夢偉応援席」も復活することが明らかになった。

 鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは、22日に配信したリリース内で可夢偉応援席の決定を発表。対象エリアは2コーナー〜S字の間にあるC席が予定されており、ヘアピンI席の設置に関しては未定の模様。なお、具体的にどのブロックを可夢偉応援席にするかについても、現在調整中だ。

 また昨年も登場した日本人以外のドライバー・チーム応援席も、C席最上段に設置予定。こちらも詳細は調整段階で、可夢偉応援席を含め2月中旬に公式サイトにて告知される。

©K.Oda/KANSENZYUKU ©K.Oda/KANSENZYUKU

 ちょうど2年前、スタートでの2位浮上に湧き上がり、終盤のジェンソン・バトンとのバトルに手に汗握り、3位表彰台のチェッカー後は全員総立ちで迎えた可夢偉応援席。あの席でしか味わえない感動と興奮が、今年帰ってくる。

 なお、今年の観戦チケットは3月9日(日)10:00から東コースエリアのみ販売が開始され、西コースと企画チケットは3月16日(日)10:00からの販売開始となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る