【F1】ロータスが新車E22を発表。他チームとは異なる形状のノーズを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©LotusF1Team
©LotusF1Team

 ロータスF1チームは24日、チームの公式FacebookやTwitterで今年の新車「E22」を公開した。

 昨年はキミ・ライコネン、ロメイン・グロージャンの活躍によりコンストラクターズ4位を勝ち取ったが、シーズンオフは経済状況が厳しくなっている報道がいくつか見られた。この影響もあってから、28日から始まるヘレス合同テストには参加しないことが決定している。今回も事前に発表会というのスケジュールなどは告知されておらず、SNSサイトでの写真公開のみというシンプルな内容だった。

 気になる新車「E22」だが、全体的なカラーリングは昨年とほぼ変更がなく、黒をベースにしゴールドのラインとスポンサーの関係でサイドポッドは赤くデザインされている。特に今年からチームに加入したパストール・マルドナードの持ち込みスポンサーであるベネズエラの国営石油会社「PDVSA(ペトロレオス)」のロゴも赤色なため、昨年以上に赤が多く使われたカラーリングとなっている。

 そして、今年の新車発表で注目を集めているフロントノーズだが、ウイリアムズやマクラーレンとは異なり規定により低くなったノーズ先端部分を両端から突き出し、中央部分に空気を取り込むスペースを確保するデザインを採用している。

 今シーズンのドライバー体制はロメイン・グロージャンとパストール・マルドナードという若手コンビ。ヘレステストに参加できないというのは大きな痛手になるかもしれないが、今勢いがあるドライバーが揃っているだけに開幕戦での走りが楽しみだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る