【F1】ヘレステスト初日をトップで終えたライコネン「良いスタートが切れた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Ferrari
©Ferrari

 28日から始まったF1プレシーズン合同テスト。その初日にトップタイムを叩き出したキミ・ライコネン(フェラーリ)は「良いスタートを切ることができた」とチームのリリースを通じてコメントした。

 今年は車両規定が大きく変わる中、各チームでトラブルが続出。ほとんど走行できないまま1日を終えるチームがほとんどで、実際にはフェラーリも例外でなかったという。午前中に細かいトラブルが発生し満足に周回することが出来なかったが、チームスタッフの頑張りもあり、午後は何周か走り込みも行うことができ、この日は32周を走破。最終的なベストタイムは1分27秒104だった。

 「今年は本当に大きなチャレンジとなっているよ。昨年までのマシンよりも遥かに複雑になっていて、細かい部分の作業に時間をかけなければいけなかった。本当は午前中の間にもっと周回を重ねたかったけど、できなかった。でも、午後はチーム全体で良い仕事ができた。何周か連続で走ることができたしね。そういう意味では全体的に良いスタートが切れたと思う。これから作業をしていく上での基礎を築けている。今回のタイムは特に重要ではない。2月のバーレーンテストでいろいろなものが見えてくるだろう。」

 また昨年のマシンと比べての感想については「根本的に全てが違うから、比べられる要素がないよ。走り方だって特に変わることもない。」とコメント。チームを移っても、相変わらずあっさりした感想に留まった。

 ライコネンは2日目の29日も走行を担当。3・4日目は僚友のフェルナンド・アロンソにテスト担当を引き継ぐことになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る