【SGT】Hondaが2014年参戦体制を発表、リウッツィなど外国人ドライバー3人が新加入

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 Hondaは7日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で今シーズンのモータースポーツ体制発表を行い、2014年のSUPER GT参戦体制を明らかにした。

 今年もGT500に5チーム5台、GT300に2チーム2台のマシンが参戦。GT500クラスは今年からのレギュレーション変更に合わせて新型のNSXコンセプトGTが登場。GT300クラスは昨年チャンピオンを飾ったCR-Z GTで連覇を狙う。

 注目のドライバーズラインナップは、当初の予想を遥かに上回る驚くべきものとなった。昨年活躍した伊沢拓也、フレデリック・マコヴィッキィの穴を埋めるべくあたらに3人の外国人ドライバーが加入。元F1ドライバーのヴィタントニオ・リウッツィが8号車ARTAに入り、松浦孝亮とのコンビに。18号車童夢は山本尚貴の新しいパートナーとして米インディライツなどで活躍してきたフランス人のジャンカール・ベルネが新加入。32号車ナカジマレーシングには中嶋大祐の相方としてベルギー人のベルトラン・バケットが加入する。

 また100号車チーム国光は伊沢の代わりにGT300王者の武藤英紀が2年ぶりにステップアップ。小暮卓史とのコンビでチャンピオン奪還を目指す。17号車リアルは変わらず塚越広大、金石年弘の体制となった。

 またGT300クラスは0号車となったチーム無限には中山友貴に加え、昨年まで全日本F3で活躍していた野尻智紀が新加入。55号車ARTAは昨年同様に高木真一、小林崇志のコンビとなる。こちらも激しい争いの中で、連覇を目指すことになる。

2014ホンダSGTドライバーズラインナップ

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る