【SGT】WedsSports BANDOHがドライバー体制を発表、2014年は脇阪寿一/関口雄飛組で決定

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 SUPER GT(GT500クラス)に参戦するレクサスレーシングは10日、プレスリリースで未定となっていた19号車のLEXUS TEAM WedsSport BANDOHのドライバー体制を発表。昨年までのラインナップを一新し、脇阪寿一と関口雄飛のコンビとなる。

 昨年末に在籍していたSARDとの契約更新が破談になったことを自身のブログで公開。先月30日に行われたトヨタのモータースポーツ体制発表会でもSUPER GTのラインナップに彼の名前はなく、今季はSGTでの参戦はないのかと思われたが、唯一未発表だったバンドウのシートを獲得する形となった。

 脇阪のパートナーとして選ばれたのは、昨年はMOLAで日産GT-Rをドライブしていた関口雄飛。1月のセパンテストでもレクサス陣営のガレージに出入りしているのが目撃され日産から移籍するのではと噂されていたが、大ベテランのパートナーという形で抜擢された。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[左:脇阪寿一、右:関口雄飛]

 F3やGT300時代もアグレッシブな走りで注目を集め、時に強引すぎる走りで逆に周囲から非難を浴びることもあるほど、レースに対しては積極的に攻めていく関口。JGTC時代を含め3度のタイトルを獲得している大ベテランの脇阪とのコンビで、今年はどれくらい暴れてくれるのか、楽しみなところだ。

 なお使用マシンはレクサスレーシングが開発中のRC F。タイヤは例年通りヨコハマタイヤを装着する。SGTを代表するドライバーと、期待の若手が組む今季の19号車バンドウから目が離せない。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. いよいよ、今年もF1日本グランプリの開催が近づいてまいりました。みなさん、観戦の準備は進ん…
  2. 画像:鈴鹿サーキット
    画像:鈴鹿サーキット 鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランド株式会社は2月2日、20…
  3. 2023AUTOBACS SUPER GT Rd.8が、11月4日・5日に栃木県のモビリティーリゾ…
  4. 2023年 AUTOBACS SUPER GT Rd.7 が大分県のオートポリスで10月14・ 1…
  5. 2023年のAUTO BACS SUPER GT ROUND6『SUGO GT 300km…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る