【SGT】BMW JAPANがSUPER GTに本格参戦!ドライバーはヨルグ・ミュラーと荒聖治を起用!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年シーズン、SUPER GTにまた新たなチームが参戦することが決まった。BMWは17日、今季のSGT(GT300クラス)に「BMW Sports Trophy Team Studie」として参戦することを発表した。都内で開かれた体制発表会には、予想を大きく上回る報道陣が集まり、発表会が行われた。

 このチームは昨年までGSRとタッグを組んで「初音ミクBMW」でGT300を戦ってきたStudieが中心となっている。昨シーズンいっぱいで初音ミクBMWのプロジェクトから離れ、BMW JAPANとタッグを組んで実質的なワークス体制での参戦が実現することになった。

 注目のドライバーも豪華顔ぶれに。BMWのワークスドライバーとして、昨年はGSR初音ミクBMWの第3ドライバーとして第5戦鈴鹿にもスポット参戦を果たしたヨルグ・ミュラーが、今季はフル参戦。そのパートナーには昨年までGT500クラスに参戦し、ル・マン24時間耐久レースでの優勝経験もある荒聖治のコンビとなった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[左:ヨルグ・ミュラー、右:荒聖治]

 発表会に出席したミュラーは「まずはBMWの一員として、この場に立てて本当に嬉しい。昨年の鈴鹿でも良いレースができたけれど、今年はこのチームで新たなスタートを切り、新しいチームを作り上げていく中で、勝利を目指してがんばりたい」とコメント。荒は「正直、この体制になったのは自分でも驚いています。BMW JAPANさんをはじめとした最高のチーム体制とBMWを知り尽くしているドライバーとコンビを組んで参戦できることを光栄に思いますし、久しぶりに血が騒いでいる気分です。」と今の心境を語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[鈴木康昭 エントラント代表兼監督]

 また、エントラント代表兼監督を務める鈴木康昭氏は「近年はスバルやホンダがワークス体制で参戦。日産も力を入れ、昨年はGT3仕様のGT-Rがかなりの台数で参戦し、メーカー色が強くなってきている現状があります。これから、それらのチームに対抗していく上ではBMW JAPANさんとのタッグは必要不可欠だと予想し、今回の体制になりました。」と、今回の新チーム結成に至る経緯と思いと語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 BMWの本格参戦により、さらに層が厚くなったGT300クラス。今年は新規定により全メーカーのマシンが新しくGT500クラスの方に注目が行きがちだが、例年以上に白熱したレベルの高いバトルがGT300クラスでも繰り広げられることは間違いなさそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る