【SGT】BMW JAPANがSUPER GTに本格参戦!ドライバーはヨルグ・ミュラーと荒聖治を起用!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年シーズン、SUPER GTにまた新たなチームが参戦することが決まった。BMWは17日、今季のSGT(GT300クラス)に「BMW Sports Trophy Team Studie」として参戦することを発表した。都内で開かれた体制発表会には、予想を大きく上回る報道陣が集まり、発表会が行われた。

 このチームは昨年までGSRとタッグを組んで「初音ミクBMW」でGT300を戦ってきたStudieが中心となっている。昨シーズンいっぱいで初音ミクBMWのプロジェクトから離れ、BMW JAPANとタッグを組んで実質的なワークス体制での参戦が実現することになった。

 注目のドライバーも豪華顔ぶれに。BMWのワークスドライバーとして、昨年はGSR初音ミクBMWの第3ドライバーとして第5戦鈴鹿にもスポット参戦を果たしたヨルグ・ミュラーが、今季はフル参戦。そのパートナーには昨年までGT500クラスに参戦し、ル・マン24時間耐久レースでの優勝経験もある荒聖治のコンビとなった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[左:ヨルグ・ミュラー、右:荒聖治]

 発表会に出席したミュラーは「まずはBMWの一員として、この場に立てて本当に嬉しい。昨年の鈴鹿でも良いレースができたけれど、今年はこのチームで新たなスタートを切り、新しいチームを作り上げていく中で、勝利を目指してがんばりたい」とコメント。荒は「正直、この体制になったのは自分でも驚いています。BMW JAPANさんをはじめとした最高のチーム体制とBMWを知り尽くしているドライバーとコンビを組んで参戦できることを光栄に思いますし、久しぶりに血が騒いでいる気分です。」と今の心境を語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[鈴木康昭 エントラント代表兼監督]

 また、エントラント代表兼監督を務める鈴木康昭氏は「近年はスバルやホンダがワークス体制で参戦。日産も力を入れ、昨年はGT3仕様のGT-Rがかなりの台数で参戦し、メーカー色が強くなってきている現状があります。これから、それらのチームに対抗していく上ではBMW JAPANさんとのタッグは必要不可欠だと予想し、今回の体制になりました。」と、今回の新チーム結成に至る経緯と思いと語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 BMWの本格参戦により、さらに層が厚くなったGT300クラス。今年は新規定により全メーカーのマシンが新しくGT500クラスの方に注目が行きがちだが、例年以上に白熱したレベルの高いバトルがGT300クラスでも繰り広げられることは間違いなさそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る