【F1日本GP】小林可夢偉応援席、C席上段に設置決定!3月9日(日)から発売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Caterham F1 Team
©Caterham F1 Team

 10月3・4・5日に開催される2014F1日本グランプリに小林可夢偉応援席が1年ぶりに復活することが決定。その詳細が発表された。

 昨年はF1でのレースシートを失い、他のシリーズに参戦していた可夢偉だが、各チームとの交渉を粘り強く続け、見事ケータハムF1チームと契約。1年ぶりに日本人ドライバーがF1のグリッドに帰ってくる。これに合わせて日本GPの舞台となる鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドもすぐに対応。2コーナー外側になるC席最上段部分に応援席を復活させることを決定した。

 料金は通常のC席と同じ37,000円(4月1日以降は38,100円)で学生料金やこども料金の設定もある。なお、チケット発売日は一般券(東コースエリアのみ)と同じ3月9日(日)午前10時からだ。

2014可夢偉応援席
[2014可夢偉応援席の配置図(鈴鹿サーキット リリースより)]

 今回の応援席復活にあたり可夢偉は「今年、再び鈴鹿を走ることができるのを、心から嬉しく思います。日本グランプリは僕の母国グランプリであり、鈴鹿サーキットは初めて表彰台を獲得した特別な場所です。緑色に染まった応援席を見るのが、今からとても楽しみです」とリリースでコメントを発表している。

 2012年は自身初の表彰台獲得で、大きく盛り上がった応援席。あの時の感動と興奮、そして1年ぶりにF1に帰ってきた彼の勇姿を、是非応援席から観戦してみてはいかがだろうか。

<2014可夢偉応援席 料金表(鈴鹿サーキット リリースより)>
2014可夢偉応援席料金表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る