【F1】2014バーレーン合同テスト(前半)2日目:新人マグヌッセンが最速、可夢偉は6位タイム

©Pirelli
©Pirelli

 バーレーンインターナショナルサーキットで始まったF1公式合同テストは2日目を迎えた。この日もドライコンディションで行われ、全11チームが参加。この日は新人のケビン・マグヌッセン(マクラーレン)がトップでセッションを終えた。

 前日にニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)が記録したタイムを2秒近く上回る1分34秒910をマーク。2位以下に1.5秒の大差をつける速さをみせた。昨年は不振に終わった名門マクラーレンだが、ヘレステストから今回にかけて好調。トップタイムもヘレステスト2日目以来2度目。着実にマシンが仕上がりつつあるようだ。

 2位には昨日トップだったヒュルケンベルグ。3位には97周走りこんだフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が入った。

 この日は小林可夢偉もケータハムのマシンに乗り込みテストに参加。順調にプログラムをこなし66周を走破し、ベストタイムは1分39秒855。6位でセッションを終えた。

 そして連日トラブルに見舞われている王者レッドブル・レーシングは2日目のセバスチャン・ベッテルが担当。特に致命的なトラブルもなく59周を走破。1分40秒340で7位タイムとなった。

[F1バーレーン(前半)2日目:結果]
1位ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)1分34秒910/46周
2位ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)1分36秒445/59周
3位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)1分36秒516/97周
4位ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)1分36秒965/85周
5位バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分37秒328/116周
6位小林可夢偉(ケータハム)1分39秒855/66周
7位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)1分40秒340/59周
8位ジャン・エリック・ベルニュ(トロ・ロッソ)1分40秒609/58周
9位エステバン・グティエレス(ザウバー)1分40秒717/55周
10位ロマン・グロージャン(ロータス)1分41秒670/18周
11位マックス・チルトン(マルシャ)1分42秒511/17周

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る