【F1】バーレーン合同テスト(前半)3日目:ハミルトンが最速、メルセデスPユニット勢が上位独占

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©MercedesAMG
©MercedesAMG

 バーレーンインターナショナルサーキットで行われているF1のバーレーン合同テスト。3日目はルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)がトップタイムを記録した。

 初日に続いてバーレーンでは2度目のテストとなったハミルトン。コンスタントに67周を消化し、前日のトップタイムをさらに更新する1分34秒263をマークした。「良いラップをいくつか刻むことが出来た。来週にレースを想定したシミュレーションを行うが、非常に楽しみ。」と、着実に開幕に向けてマシンの準備が整いつつあるようだ。2番手にはジェンソン・バトン(マクラーレン)、3番手にはフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)が入り、メルセデスのパワーユニットを搭載したチームがトップ3を独占。さらにタイムもハミルトンとバトンは1分34秒台と、他チームより3秒早いタイムを記録した。

 彼らのライバルと目されるフェラーリ、レッドブル陣営はトラブルに悩まされる1日に。3・4日目を担当するキミ・ライコネン(フェラーリ)はマイナーなトラブルが発生し44周と予定していたほど走り込めず1分37秒476で6番手。ダニエル・リカルド(レッドブル)は新たなメカニカルトラブルで一足早くテストを終了。わずか28周のみの走行で1分40秒871と9番手タイムに終わった。

[F1バーレーン合同テスト(前半)3日目:結果]
1位ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)1分34秒263/67周
2位ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分34秒976/103周
3位フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分37秒066/60周
4位エステバン・グティエレス(ザウバー)1分37秒180/96周
5位セルジオ・ペレス(Fインディア)1分37秒367/57周
6位キミ・ライコネン(フェラーリ)1分37秒476/44周
7位ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)1分38秒974/57周
8位パストール・マルドナード(ロータス)1分39秒642/26周
9位ダニエル・リカルド(レッドブル)1分40秒781/28周
10位マーカス・エリクソン(ケータハム)1分42秒130/98周
11位マックス・チルトン(マルシャ)1分46秒672/4周
12位バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)NoTime/55周

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る