【SGT】2014第1戦岡山:優勝者コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

GT500
KeePer TOM’S RC F
アンドレア・カルガレッリ
日本に来て3年経ちますがやっと優勝することが出来ました。本当に嬉しいです。今年からマシンが新しくなり皆さんに感謝したいです。2度のテストしかしていませんがテストから調子がよく自身はありました。僕達が選んだタイヤは序盤は難しいというのはわかっていたので序盤は我慢し終盤にプッシュしました。途中雨があり難しかったですが雨でもラップタイムが落ちることなく良かったです。チームメイトの伊藤選手に感謝したいです。

伊藤大輔
本当に嬉しいです。昨年トムスに移籍しアンドレアとも息があいやりやすかったのですが、どうしても優勝することが出来ませんでした。
早い段階で優勝をプレゼントしたいと思っていたので非常に嬉しいです。アンドレアの雨の中の走りで勇気づけられました。途中国本選手に追いつき追い越すことができました。最後にはGT300クラスを交わす際にタイムロスしましたが、非常に車のバランスが良く車を信じて最後まで走り切ることができました。正直、昨年の夏に乗った時には本当にレースは出来ないというくらいの出来だったのですが、こうして開幕戦で勝てる車にしてくれたチームやブリジストンに感謝したいですね。

©KANSENZYUKU
GT300
グッドスマイル 初音ミク Z4
片岡龍也
まず勝ててよかったと思います。最後は7号車と接戦でした。御存知の通り7号車とはライバルなので私達のチームも非常に意識しますね。テストからずっと7号車に押され気味だったので決勝は勝ちたいと思っていました。スタートでは1コーナーをトップで曲がれたので良かったです。雨が降ってきた時に11号車や31号車にあおられましたが2周くらいで止んでくれたので助かりました。あと2〜3周降っていたら展開は変わっていたでしょうね。そう言う意味で運もあり、谷口さんにつなぐ事ができました。

谷口信輝
今日勝てて嬉しいですしホッとしています。BMWZ4は昨年までなかなか勝てず特に予選ではQ1すら通過することが難しかったですが、なぜか今年はダウンフォースもありコーナーが速くポテンシャルを感じました。ただライバルの7号車が僕らより調子が良さそうでしが。僕らが勝ちたい気持ちより7号車に負けたくない気持ちのほうが大きかったですね。GT300の争いも面白いですが、我々と7号車とのガチンコ勝負も面白いと思います。
今日のレースでは片岡選手が貯金を作ってくれ、後は僕がその貯金を使うだけという展開でした(笑)タイヤについては最後までもたすように頑張りました。後1〜2周あればかなり厳しかったですね。

©KANSENZYUKU

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

矢田 靖也観戦塾代表

投稿者プロフィール

1991年に初サーキット、初F1で現地の雰囲気に感動し、一人でも多くの方に感動を味わって欲しいと1998年に観戦塾を開設。
今日に至る。。。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る