【JSB1000】2014第1戦:チャンピオン中須賀克行が貫禄のポールポジション!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 今年もスーパーフォーミュラの併催として開催される全日本ロードレース選手権のJSB1000クラス。その公式予選が12日、鈴鹿サーキットで行われた。

 総勢56台がエントリーしているJSB1000。2グループに分けられ35分ずつの予選セッションが行われた。前半パートのAグループで速さを見せたのは昨年度チャンピオンの中須賀克行。2分06秒832と唯一06秒台に入り、他を圧倒。同じ組に高橋巧、渡辺一樹もいたが中須賀のタイムを上回ることはできなかった。

 続くBグループでは、怪我から復帰した秋吉耕佑が序盤からトップに立つものの、2分07秒後半と中須賀のタイムには及ばない。そこに昨年から勢いに乗る津田拓也が2分07秒088を記録し、グループ首位に。今年でヨシムラ創立60周年ということもあり、そのシーズン初戦でのポールポジションを目指してさらにアタックをするが、結局タイムを更新することができずチェッカー。Aグループの中須賀がポールポジションを勝ち取った。総合2位は津田。その差はわずか0.256秒。明日の決勝で逆転を誓う。3位には高橋、4位に秋吉が食い込みホンダのお膝元である鈴鹿で意地をみせた。

 注目のJSB1000決勝は13日(日)13時00分から20周で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る