【SF】2014第1戦鈴鹿:新車SF14での初レースは大波乱の連続!ロイック・デュバルが逆転V!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2014年の全日本選手権スーパーフォーミュラ開幕戦。新車SF14が出揃っての最初の決勝レースが13日、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。

 3月からの合同テストでF1に匹敵するコーナリングスピードを誇っているSF14。しかし250kmという長丁場のレースを、誰もこのマシンで実際に走っておらず、全員が未知数な中でのレースがスタートした。

 ポールポジションは昨日コースレコードを塗り替えたアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)、ナレイン・カーティケヤン(Lenovo TEAM IMPUL)がペナルティで3グリッド降格となったため中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)がフロントローに並んだ。今回のSF14はクラッチがステアリングについており、システムが変わった中でのスタート。ここで一貴が好ダッシュをみせてトップで1コーナーへ。後方でもジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Lenovo TEAM IMPUL)がジェームス・ロシター(KONDO RACING)を抜いて3位に上がる。

©KANSENZYUKU

 予選同様に決勝でも他を圧倒する速さをみせるトムス勢。1周目から後続を置き去りにするような速さをみせ、6周終了時点で4秒のリードを築く。その後方では嵯峨宏紀(TOCHIGI Le Beauset Motorsports)も早々に戦線離脱。小暮卓史(NAKAJIMA RACING)はエンジンから白煙を上げてストップするなど、新車での初レースということでトラブルが多発する。

 今年もタイヤ交換義務はないが、レース終了までに燃料補給なしで走り切るのは不可能。そのため、最低1度はピットインしなければいけない。10周を過ぎたあたりから早くもピット作業の動きが見られはじめ、何台かが給油を済ませる。チームによっては中盤から後半にピット作業をする戦略をとっているチームもあり、トップのトムス2台は順調に周回を重ねていたが、15周目に事態が一変する。

©KANSENZYUKU

 昨日の予選で素晴らしい走りを見せていたカーティケヤンが逆バンク入り口でスピン。コース中央にマシンを止めてしまい、安全確保のためセーフティーカーが導入される。ここで瞬時の好判断をみせたのが2位のロッテラー。すぐにピットに入って給油とタイヤ交換を済ませる。その後方を走っていたロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)やロシターらもピット作業を済ませる。逆にトップの一貴と3位だったオリベイラがタイミングを失い、そのまま隊列の先頭へ。18周目にレースが再開され、必死にリードを広げて自らのピットストップ時間を稼ごうとするが、十分なリードを得ることが出来ず、2人は後に大きく後退してしまう。

©KANSENZYUKU

 レース再開後で一番注目を集めたのが、6番手スタートだったデュバルだった。カーティケヤンの脱落で5位に上がると、23周目にオーバーテイクボタンを巧みに使ってロシターをパス。その後さらにペースを上げて3位ロッテラーに接近。前半までは素晴らしい走りをみせていたロッテラーだったが、15周目のピット作業時にメカニックのミスで左右逆のタイヤを装着。これによりバランスが大きく崩れ、徐々にペースが上がらない。そこに勢いよく迫ってきたデュバルは、25周目の1コーナーでアウト側から豪快にパス。残りはピットに入っていない一貴とオリベイラのため、実質的なトップに浮上する。その後は、完全に独走状態となったデュバル。昨日の予選では本領を発揮することができず低迷したが、そこでのフラストレーションを吐き出すかのような快走をみせる。

 一方、ロッテラーはバランスの崩れでペースダウン。終盤にはロシターや石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)にも抜かれ、結局5位でチェッカーを受けた。

 レース終盤、後方でポイント獲得争いをしていた国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が1コーナーで激しくクラッシュするも、幸い大きな怪我はなかったが、あまりの衝撃に会場も一瞬息をのんだ。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 結局、荒れたレースで強さを発揮するデュバルが2位に16秒もの大差をつけて独走優勝。SF14での初レースを制した。2位にはロシターが入り自身初表彰台を勝ち取るとともに、KONDO RACINGに久しぶりの表彰台フィニッシュをもたらした。3位には今季から国内トップフォーミュラに帰ってきた石浦が入った。また予選同様にトップ7台がトヨタ勢。ホンダでの最上位は元F1ドライバーのヴィタントニオ・リウッツィ(HP REAL RACING)だった。

 パルクフェルメに帰ってきたデュバルは、マシンの上に立ち上がり歓喜のガッツポーズ。昨年はWECの兼ね合いで鈴鹿2戦を欠場。チャンピオン争いに加わることが出来なかったが、今年はフル参戦で王座奪還のチャンスも十分ある。2009年以来のチャンピオンに向けて好スタートを切った。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  2. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  3. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  4. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…
  5. F1世界選手権にパワーユニットサプライヤーとして参戦するホンダは15日、マクラーレンとのタッ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る