【INDY】2014第2戦ロングビーチ決勝:琢磨、アクシデントに巻き込まれる不運でリタイア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

 2014年のVERIZONインディカー・シリーズ第2戦ロングビーチの決勝レースが現地時間の13日、ロングビーチ市街地コースで行われた。

 ここは、ちょうど1年前に佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)が初優勝を挙げた思い出の地。前回St.ピーターズバーグでもポールポジションを勝ち取っており今年も市街地コースは絶好調。日本のファンのみならずインディ関係者も彼の活躍に注目を集めた。

 ところが12日(土)の予選では、思わぬ苦戦を強いられセグメント1で敗退。15位と後方からのスタートを強いられる。決勝スタートでも集団の中で上手く順位を上げることができず苦戦するが、我慢強くチャンスを待ち、レッドタイヤに履き替えてレース中盤へ。着実に前のマシンを捉え一時は10位まで順位を上げるものの、終盤の56周目にトップ集団で多重クラッシュが発生。その直後にきた琢磨は回避しようと試みたものの、コースの大半がクラッシュしたマシンで塞がれており、それに巻き込まれる形で接触。フロントサスペンションにダメージを負ってしまい、リタイアを余儀なくされた。昨年は完璧なレース運びで優勝を飾ったのだが、今年は全く逆で不運続きの週末になってしまった。

 なお、マイク・コンウェイ(エド・カーペンター・レーシング)がウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を抑え、今季初優勝を飾っている。

佐藤琢磨コメント(Hondaリリースより)
「厳しい週末になりましたが、多くのファンに声援を送ってもらえたことに、深く感謝しています。今日のレースも厳しい戦いになりました。スタートでの加速が悪く、異様に混雑していたターン2では後方からヒットされ、前のマシンにぶつかってフロントウイングを傷めてしまいました。しかし、その後、早めにピットに入るなどの作戦にレース展開が味方してくれ、ポジションを上げていくことができました。決勝でのマシンは、予選までとは違って競争力のあるものに仕上がっていたんです。土曜日のものとはガラリと違うセッティングをファイナルプラクティスで試し、マシンを速いものにできたのは今週末の大きな収穫でした。残念だったのは、レースが終盤に入ってからのターン4で多重アクシデントが発生し、自分たちもそこでレースを終えねばならなかったことです。3台が絡んで進路をふさいでいたため、避けることができませんでした。私たちは今週つかんだプラスの面を武器にして、次のバーバー・モータースポーツ・パークでのレースを戦いたいと思います」

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る