【SGT】2014第2戦富士:初めての現地観戦でも大丈夫!FUJI GT500km RACEの観戦ポイント紹介

©KANSENZYUKU

いよいよ今週末に迫った2014SUEPR GT第2戦“FUJI GT500km RACE”。皆さん観戦の準備は進んでいますか?

今年も1年で一番来場者が多くなり、大盛り上がりとなるゴールデンウィークの富士ラウンド。翌日も祝日なので今回は現地へ観に行ってみようと考えている方も多いと思います。

何度も観戦経験がある方は現地での過ごし方、楽しみ方を熟知されているかと思いますが、中には“今回が初めてのサーキット観戦です!”という方も少なくないはず。初めてだと、何をどうすればいいのか?色々分からない部分も多いですし、不安になることだらけだと思います。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そこで、今回は初めて富士スピードウェイに観戦に行かれる方を対象にした「サーキットでの1日を楽しく過ごすポイント」をご紹介していきたいと思います。是非、今週末の初めてのレース観戦をさらに思い出に残る素晴らしいものにするために、参考にしてみてください!

【ピットウォークに参加すれば応援しているドライバーにサインを貰えるチャンス!】
SUPER GTはレースの時間帯以外にも、様々なイベントが用意されており、1日を通して色々な角度から楽しむことができます。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

その中でも、毎回大人気なのがピットウォーク!お昼の時間を利用して行われる恒例のイベント。普段は絶対に入れないピットレーンが開放され、実際に各チームがマシンをメンテナンスしているピット前まで行って、その様子を間近で見たりすることができる、初めてサーキットに行く人には、ぜひとも参加してほしいイベントです!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

またドライバーやチーム監督も登場し、サイン会を開催してくれることもあります。いつもはテレビで観ていた、あのドライバーにサインを貰えるチャンス?おそらく土日ともに混雑しますので、あまり複数のチームを回ることはできないかもしれません。なので、どうしてもチェックしておきたいチーム・ドライバーのピットに真っ先に行くようにしましょう!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

またSUPER GTでは、各チームに華を添えるレースクイーンの皆さんも大活躍。日曜ピットウォークでは、ホームストレートも開放され、即席撮影会が行われます。アマチュアカメラマンの方々が陣取ってしまって、なかなか初めて行く方は入っていきにくい雰囲気かもしれませんが、もし興味があればこちらもチェックしてみてください!

ピットウォークへの参加には「観戦券+ピットウォーク券」もしくは「パドックパス」が必要になります。
チケット情報はこちら(FSW公式サイト)

【ファミリーでご来場の方は、キッズピットウォークがおすすめ!】
ゴールデンウィークということで、お子様連れで来場を予定されているご家族も多いかと思います。もちろんレース観戦以外にピットウォークも!と考えているかもしれませんが、多くの方が参加する人気イベントのため、子どもたちにとっては、思うように各ピットを回ることができないかもしれません。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そこで、予選日の夕方に中学生以下のお子様と、その保護者のみが参加できるのが「キッズピットウォーク」です。何より魅力なのは、お昼のピットウォークは有料でしたが、このキッズピットウォークは無料!つまり、最低でも観戦券があれば参加できてしまうイベントなのです!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

もちろん、ドライバーも登場して、サインをもらったり、記念撮影をしたり。チームのオリジナルステッカーや応援グッズをもらうこともできますよ!

今回の第2戦は、混雑が予想されますが、是非ご家族の思い出づくりには良いイベントですので、お時間があれば参加してみてください!

【パドックパスで、普段は見られない“サーキットの内側”に踏み込んでみよう!】
©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

通常の観戦券の場合は、観戦スタンドからレースの走行シーンを観るというイメージになりますが、そのさらに内側まで踏み込めるのが「パドックパス」。各チームの拠点ともいえる「パドック」の中に入って、レースならではの緊張感を味わうことができます。もちろん、ドライバーやチーム監督も当たり前のようにいる場所なので、サインをもらったり一緒に写真を撮ってもらえるチャンスもあるかも?

※このパドックは、基本的に各チームが作業をする場所なので、メカニックさんの邪魔をしないように、マナーを守って行動しましょう。

【パドックパス最大の特典“オープンピット”】
予選日の朝のみに行われるイベントが「オープンピット」。この時間は、各チームがマシンをガレージから出して簡易的な車検を受けることになっているのですが、SUPER GTではパドックパスをお持ちの方限定でピットレーンが開放され、その様子を間近で見ることができます!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ピットウォークとは違いドライバーやレースクイーンの登場は一切ありませんが、現役で走っている今季仕様のSUPER GTマシンを超間近で見ることができる数少ないチャンス!本当に朝早くにしか行われないため、参加するには7時ちょっと前くらいにサーキットについていないといけないくらいのスケジュールになりますが、「とにかくSGTマシンを近くで見たい!」という方にはお勧めのイベントです!

【目標はコース全域を制覇?長い500kmのレースを様々なコーナーで観てみよう!】
今回のSUPER GT第2戦は通常より長い500kmレース。1周約4.7kmの富士スピードウェイを110周(約3時間程度)します。いつもは毎周にわたって抜きつ抜かれつのバトルが繰り広げられますが、これだけの距離になると順位争いが落ち着く耐久レースのような展開になると思われます。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

せっかく、レースではこれだけの時間があるので、一つの場所に留まるのではなく、各コーナーを歩いて回ってみましょう!また決勝レースだけではなく、2時間にわたって行われる公式練習(土曜日)や、日曜朝のフリー走行で、ちょっとメインスタンドから離れたところに行ってみるというのも手ですね。

ここ富士スピードウェイには、中央部分に大きなリーダータワー(順位が分かる大きなタワー)がありますので、戦況把握はかなり楽。もちろん、途中にイベント広場に行って食べ物を買ってきたり、休憩しながら長丁場のレースを楽しんでくださいね!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
本当はもっとご紹介したいイベントもあるのですが、あまり色々話過ぎると長くなってしまうので……。

あとは是非!現地に来て、サーキットの雰囲気全体を満喫してください!

そして、これを見て週末のレース観戦を決めた皆さん、初めてサーキットに観戦に来る皆さん、些細なお手伝いしかできませんでしたが、思い出に残る週末になることを願っております!思う存分、楽しんでくださいね!

それでは、富士スピードウェイでお会いしましょう!

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る