【SGT】2014第2戦富士:公式練習はドライの中でD’Station ADVAN GT-Rがトップタイム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 いよいよ開幕した2014年のSUPER GT第2戦富士。早速、現地の富士スピードウェイでは2時間に渡って公式練習が行われた。

 気温20度、路面温度30度で晴天に恵まれたサーキットは、まさに絶好のレース観戦日和。ゴールデンウィーク後半で周辺の高速道路等は渋滞している情報がある中、朝から多くのファンが来場。公式練習を観戦した。また多くのファンが今季初のSGT観戦ということで、特にアマチュアカメラマンの方々は、今季デビューした新GT500車両を熱心に撮影していた。

 コンディションが良かったこともあり、順調にセッションは進行。何台かコースオフするマシンはあったものの、赤旗中断はなくチェッカーを迎えた。

 GT500クラスは、今回も日産GT-R勢が好調。その中でトップタイムを奪ったのはNo.24 D’Station ADVAN GT-R(ミハエル・クルム/佐々木大樹)。昨年までのコースレコードを1秒上回る1分29秒682を記録。これまで雨には強いという印象だったヨコハマタイヤだったが、今回のコンディションにぴったり合ったタイヤを持ち込んできた模様。GT-R勢の中でも群を抜く速さだった。

 2位にはNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が0.154秒差で続き、日産勢がワン・ツー。3位にはホームレースとなるレクサスのエース格No.36 PETRONAS TOM’S RC F(ジェームス・ロシター/平川亮)が入った。今回はWEC参戦のためベルギーに行っている中嶋一貴に代わり、スーパーフォーミュラで活躍中の平川亮が参戦。最後の専有走行ではトップ2台に迫るタイムを叩き出してみせるなど、絶好調。午後の公式予選でも活躍が期待される。

 またホンダ勢はタイムが伸び悩み、下位5台を独占してしまうなど苦戦を強いられている。午後の公式予選までにどれくらい挽回してくるのか、注目したい。

©KANSENZYUKU

 GT300クラスはNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ルーカス・オルドネス)が1分38秒835でトップタイムを記録。2位にNo.9 国立音ノ木坂学院NACポルシェ with DR(白坂卓也/アンドレ・クート)が続くなど、前回の岡山とはまた違った勢力図になっている。

 注目の公式予選が14時00分から。今回も2ラウンド・ノックアウト方式で行われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る