【SGT】2014第2戦富士:決勝日は朝からほぼ満員状態で大盛況!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2014年のSUPER GT第2戦FUJI GT500km RACE。現地、富士スピードウェイは決勝日の朝を迎え、昨日以上の盛り上がりを見せている。

 今年は決勝日のみの日帰り観戦を考えてるファンが多いようで、朝から東西ゲートは大混雑。8時30分から始まったフリー走行でもグランドスタンドが半分以上埋まるほど盛況。30分間に渡って行われたフリー走行では、GT500クラスはNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)、GT300クラスはNo.31 OGT Panasonic PRIUS(新田守男/嵯峨宏紀)がトップだった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また、グランドスタンド裏のイベント広場では、スポンサーPRステージ(通称ギャルオン)や各ブースでの物販などで、レースクイーンらが元気よく登場。この他にもキッズカートや各ブースでの催し物などで盛り上がりをみせている。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今回はサポートレースとの兼ね合いで10時30分からの開催となったが、入口となる1コーナー手前のゲートには100mを超える待機列ができ、50分間の間ピットロードとメインストレートは多くのファンで埋め尽くされた。

 今日は14時00分から決勝レースが行われるが、いつもより長い110周(500km)のレース。最後まで大混戦の展開になるのか?はたまたどこかのチームが独走するのか?注目が集まっている。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る