【SGT】2014第2戦富士:ヒトコマ集(Part.2)決勝日は”まさに満員御礼!”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いつも観戦塾をご覧いただきありがとうございます!

今回もSGT富士のヒトコマ集をお送りしていきます。
Part.2は日曜日の決勝レース編!1日だけで57,200人も動員して、本当に“満員御礼!”と言いたくなるような光景でした。その様子を今回もギュッ♪とまとめたので、現地に行った人もそうでなかった人も、是非ご覧ください!

ヒトコマ集(Part.1)はこちら

【5月4日(日)決勝日】
一夜明けた富士スピードウェイも晴天に恵まれ、前日を大きく上回るお客様が来場!今年は翌日も祝日なので、連休をフルに利用してSGT観戦を楽しもうという方が多かったようですね。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

早朝のフリー走行からグランドスタンドも埋まっていました!富士スピードウェイといえば、約1.5kmの超ロングストレート。GT500もGT300も、グランドスタンド前を駆け抜けていく姿に、皆さん釘付け。また各メーカーの応援団は朝から一生懸命旗を振って応援です。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

グランドスタンド裏では、サーキット恒例(?)のスポンサーPRステージ(通称ギャルオン)が開催。フジはステージ周辺のスペースが広いので、早朝から多くのファンで賑わっていました。また各物販ブースも大盛況。この時間はRQの皆さんがブースに登場。購入していただいた品物にサインするイベントなどが行われていました。意外とRQの皆さんも忙しいんですね。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ワークス参戦しているメーカーが多いSUPER GTでは大型のPRブースが出展されることもしばしば。こうしてカッコイイ市販車の展示なども(一部ではありますが)あります。

この他にも会場内にはWEC(世界耐久選手権)に参戦するトヨタが昨年まで使用していたTS030HYBRIDが展示され、10月に開催される日本ラウンドのPRも行われていました。ちょうど、日本時間の3日深夜にベルギーで行われた第2戦ではトヨタが開幕2連勝を達成!こちらにも注目が集まりそうですね!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

午前中のフリー走行は30分と短いですが、その後は毎回抽選になるくらい大人気のサーキットサファリ!バスの中から、SGTマシンが走り去っていく光景を見られるという、なんとも美味しいイベント!まだ参加したことがない方は是非参加してみてくださいね!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

今回はサポートレースの関係上、フリー走行後すぐに始まった日曜ピットウォーク。決勝日は1コーナー側がメインの入口だったのですが、前売り段階でチケットが完売していたということもあり、100mを超える長蛇の列が!!もちろん、開始からしばらくしてピットレーンにメインストレートはファンで埋め尽くされました。1年を通してゴールデンウィークの連休中に首都圏に一番近い富士で開催されるからこそ見られる光景ですね。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今回はメインストレートが開放されているということもあって、スターティンググリッドにミニ四駆を並べたりフィギュアを並べて記念撮影するファンの姿も(笑)。F1日本グランプリの時もコースウォークをやると、同じような光景をよく目にしますよね。でも、これもピットウォークでの楽しみ方の一つなのです。

これだけ多くの人が集まるピットウォーク。熱中症をはじめ体調を崩された方をすぐに対応できるよう、救護班も巡回。こういう細かいところのサービスが整っていると、安心してピットウォークに参加できますね!

そして、、、お待たせいたしました~!
今回のサービスカットです♪

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

ピットウォークが終了すると、いよいよ決勝レース。富士スピードウェイはグランドスタンドと1コーナー席以外は芝生エリアの自由席となっているのですが、ここにレジャーシートを敷いてゆったり観戦。という方も実は多いんです。皆さん決勝前から準備万端!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

SUPER GTでは、1時間前からスタート進行が行われ、GT300・GT500のポールポジションが最後にグリッドにつくという演出も。ピットウォークまでのまったちモードから一気にレース開始に向けての緊張感が高まっていく瞬間です。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そのグリッドに、今回はなんとトヨタの豊田章男社長が登場。レクサス陣営の各グリッドを歩いて回りドライバーを激励。おまけにくま吉にもエールを送っていました!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

専用チケットを購入された方のみが入れるグリッドウォーク。今回も、超満員でした。

いよいよレーススタート!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

レースの模様はこちら
前半レポ
後半レポ

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

大クラッシュやマシン炎上など、本当にいろいろなことが起きたレースを制したのは12号車のインパルGT-R。チェッカーを受けたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは、パルクフェルメに戻るとルーフの上に立ちガッツポーズ!!今回は本当に速かったですね!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT300クラスは初音ミクBMWがなんと開幕2連勝!!今回は待望の新型Z4を開幕戦から投入できていることもあり、チームは絶好調!谷口、片岡両選手ともに鼻高々(?)です。

こうして、楽しみにしていたSGT富士戦の2日間もあっという間に終了。予選日は32,200人、決勝日はなんと57,200人も来場!2日間トータルで89,400人と、本当に満員御礼!と言いたくなる結果でした。

©KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
次回は5月31日・6月1日に大分県のオートポリスで第3戦が開催されます。九州エリアのSGTファンの皆さんは絶対に見逃せないレース!是非、現地に行ってSGTならではの迫力あるレースを堪能してみてください!

そして実は、今季も富士ではSGTが2回開催されます!ちょうど夏休みに突入する8月9・10日のシリーズ第5戦。今回来れなかった人は、是非次回に!そして今回来た人は友達や恋人、会社の同僚とかでもOKです!一人でも多くの人を誘って、みんなでSGT観戦を楽しんでみてくださいね!

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る