【ビギナー観戦塾】2014スーパーフォーミュラ第2戦富士:現地観戦を2倍・3倍楽しむポイント紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いつも観戦塾をご覧いただきありがとうございます。

今週末は全日本選手権スーパーフォーミュラの第2戦が静岡県の富士スピードウェイで開催されます。ゴールデンウィークも終わり、落ち着きを取り戻した週末にちょっとどこかへ出かけてみようかなと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また先月末にも等々力競技場で行われたJ1第9節川崎フロンターレvsガンバ大阪戦のハーフタイムに恒例となり始めているデモ走行を行い、それがきっかけで「観に行ってみようかな?」と思っている方も多いはず。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

実は、今回の舞台となる富士スピードウェイは、首都圏から一番近いサーキットでのレースということで、日帰りでの観戦も可能。またお車をお持ちでない方も電車・バスを利用してサーキットに行って帰ることができるサーキット。なので、行ってみたいなという好奇心を実現することが比較的可能なサーキットなのが富士スピードウェイなのです。

ただ「普段F1は見ているけど、国内はチェックしていないから楽しめるか不安…」とか、「初めてサーキットに行くから、何をどうして良いのか分からない…」と、心配していらっしゃる方も多いでしょう。

でも、そんなに身構える必要は全くありません!またF1日本グランプリに行き慣れている方も、国内レースならではの“身近”な雰囲気を感じることができ、また新鮮な1日を過ごすことができると思います。

今回も初めて国内レースを観に行くという方向けの、レースを楽しく観戦するポイントをいくつかご紹介していきたいと思います!

【F1より速いコーナーでの走りを観に行こう!】
今年のスーパーフォーミュラで使われているダラーラ社製のSF14。すでに色々なところで報道されているかと思いますが、コーナーを通過する際のスピードはF1以上!本当にびっくりするぐらいの速さで駆け抜けていきます。

©KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

よくサーキットに来ると、大型ビジョンがあって、戦況を把握しやすいグランドスタンドに居座ってしまいがちですが、できればコーナーにも出かけて、その速さを実際に観に行ってみましょう。

チャンスがあるとすれば、土曜日の9:55〜10:55に行われるフリー走行。特に予選・決勝の結果に大きく絡んでくることがない練習走行ですから、特に順位も気にすることはないと思います。

お勧めなのは・・・

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

1つ目はコース前半のコカ・コーラコーナー。おそらくほぼ減速せずに駆け抜けていってしまうと思います。また、決勝レース時は追い抜きポイントにもなるので、日曜日の観戦時も見逃せないコーナーです。2つ目はコース中盤のヘアピン。ここはグランドスタンドからトンネルを抜けてすぐの場所なのでイベント広場からのアクセスも楽です。まずは手前の100Rを抜けてくるスピードが昨年に比べかなり速くなっていると思います!そこからの減速、ヘアピンに向けてマシンの向きを変える動作など、レースウィーク中は一度は観ておきたいポイントだと思います!

【今週末は2レース制!】
通常は土曜に公式予選、日曜に決勝という流れで進行していきますが、今回は最終戦の鈴鹿で毎年導入されていた“2レース制”が今週末も採用されます。つまり1日に2回もレースが観れてしまう!という、いつもよりお得なレースウィークなのです!

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

具体的なレース概要はこちら
予選方式/17日(土)
ノックアウト方式
Q1(20分):19台中上位14台が次のラウンドへ
Q2(7分):14台中上位8台が次のラウンドへ
Q3(7分):ポールポジション〜8位までが決定

グリッド決定方法
Race1:予選Q1の1〜19位がそのままグリッド順に
Race2:通常通り、Q1〜Q3の順位でグリッドが決定

[決勝Race1]
スタート時刻/18日(日)10:05〜
周回数:25周(114.075km)、タイヤ交換・給油義務:なし
[決勝Race2]
スタート時刻/18日(日)14:30〜
周回数:35周(159.705km)、タイヤ交換・給油義務:1回の4輪交換義務あり

[ポイントシステム(2レース制専用ルール)]
第1・2レースでの各付与ポイント
1位:5+3ポイント
2位:4ポイント
3位:3ポイント
4位:2.5ポイント
5位:2ポイント
6位:1.5ポイント
7位:1ポイント
8位:0.5ポイント
9位以下:0ポイント

※ポールポジションボーナス(+1ポイント)も、Race1・2それぞれのPPに与えられる。

日曜日の1日しか観戦に行かないという人は、せっかくなのでRace1とRace2の観戦場所を分けてみるといいかもしれませんね。例えば、完全スプリント勝負になるRace1は追い抜きポイントになりそうなコカ・コーラコーナーや1コーナーで観戦し、ピット作業が必ずあるRace2は戦況が把握しやすいメインストレートで観る!というのも良いかもしれませんね!

【スーパーフォーミュラでもピットウォーク・キッズピットウォークは大人気イベント!】
SUPER GTでは大人気のイベントとして定着しているピットウォーク。スーパーフォーミュラでも2日間とも開催されます。普段は絶対に入ることのできないピットレーンに入れて、ガレージ内でメンテナンス中のマシンや、レースクイーンのお姉さんも撮影可能!もちろん、各チームのドライバーもピット前に出てきてサインなどファンサービスを行ってくれます。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

SGTやF1日本GPのピットウォークを経験されたことがある方は「人が多くて、なんか疲れそう。」とマイナスなイメージを持っているかもしれませんが、スーパーフォーミュラの場合は大きく混雑しないので、時間の都合が良ければ全チームだって回ることは可能!またSGTはメーカーごとにマシンが異なり、ボンネットなどでマシンを隠していることがありますが、SFは全車同じなので「マシンが撮れない〜」ということは、特にありません。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ピットウォーク参加のためには、観戦券とは別にピットウォーク券が必要(パドックパスをお持ちの方はそのまま参加できます)。完売になっていなければ当日販売もありますので、機会があれば是非参加してみてください!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また予選日の夕方には中学生以下のお子様と、その保護者を対象としたキッズピットウォークも開催されます。こちらは無料で参加できますので、ファミリーで来場予定の方は要チェックです!

【公式プログラムをゲットしてレースをより楽しもう!】
特に初めてスーパーフォーミュラの観戦に行く人は、ルールとか参戦しているドライバーとかの情報を手に入れておきたいですよね。そこで重宝するのが、2日間限定でサーキット内で売られている公式プログラムです。ここには、最低限知っておきたいルールはもちろん、ドライバー・チームの紹介
やイベント情報なども掲載されています!

1冊1000円しますが、レース観戦記念にもなるので、ぜひともゲットしておきたいところですね!

【レースを観る!以外にグルメも楽しめる!富士スピードウェイ】
©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

レースを観ることや、各イベントに参加することに集中しがちなサーキットでの行動。実は”食”も同時に楽しむことができます!スーパーフォーミュラやSUPER GTなど国内トップレースの場合は多くのファンが来場するため、その分食べ物の屋台もたくさん出店!色々なものから昼食を選ぶことができます。静岡県のご当地グルメである富士宮やきそばはもちろん、各ご当地ラーメンやカレー、また夏の時期はかき氷なども販売してくれます!

レース以外にも楽しめるポイントがあると、レースファンに誘われて一緒についてきた友達や恋人も楽しめていいですよね!

©KANSENZYUKU

いかがだったでしょうか?
本当はもっと紹介したいイベントや見どころはたくさんあるんですが、この続きは是非富士スピードウェイに来て、実際に皆さんで“楽しみ”を発見してみてください!

初めて観戦される方も、何回も通っているベテランファンの方も、素敵な週末を!!

それでは、サーキットでお会いしましょう!

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る