【SF】2014第2戦富士:フリー走行はオリベイラが最速、好調トムス勢を抑える

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2014年のスーパーフォーミュラ第2戦。舞台となる富士スピードウェイでは早速、フリー走行1回目がスタートした。今年は新型車両になったこともあり、前日の16日(金)にも1時間のフリー走行セッションが設けられ、今週末は実質2度目の走行。グリーンシグナルと同時に各マシンが一斉にコースインしたが、その直後にトヨタエンジンを積む何台かのマシンが突然ストップ。ピットロード上やコース脇での停車が多発したため、急きょ赤旗中断となった。なお詳しい原因については分かっていない。

 セッションが再開されると、その後は特に大きなトラブルもなく走行。晴天に恵まれた富士スピードウェイを新車SF14が疾走。コースサイドに詰めかけた多くのファンは、SF14の走行シーンを観るのが初めてということもあってか、その速さに驚いている様子だった。

 昨日はアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)が最速タイムを出してきたが、今朝のフリー走行では、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)が1分23秒601を記録。好調トムス勢を押さえ込んだ。2位には0.066秒差でロッテラー、3位にはロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO TeamLeMans)が続き、トヨタエンジン勢が今回も上位を占めた。

 開幕戦の鈴鹿ではライバルに先行を許し苦しい戦いを強いられたホンダ勢。このセッションでの陣営トップは野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。トップから0.434秒差の1分24秒035で5位。前年王者の山本尚貴(TEAM無限)もトップと0.662秒差の1分24秒263で7位につけ、順位・タイム差ともに前回よりも近づいているので、午後の予選ではさらなる活躍に期待したい。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る