【SGT】2014第3戦オートポリス:Honda 松本プロジェクトリーダー「着実な進歩が見られた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 6月1日に決勝レースが行われた2014年のSUPER GT第3戦オートポリス。前回の富士では5台中4台がリタイアするなど、苦戦が続いているホンダNSX CONCEPT-GT勢。しかし今週末は波乱のレースになった中で粘り強く走り抜き、No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(小暮卓史/武藤英紀)が6位、No.18 ウイダーモデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/ジャン・カール・ベルネ)が7位、No.32 EPSON NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)が10位と3台がポイントを獲得した。

 前日の予選では、エースである18号車の山本が赤旗などの不運でQ1脱落というハプニングがあったものの、100号車に加えNo.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(塚越広大/金石年弘)もQ2へ進出。6,7番グリッドをそれぞれ獲得した。決勝レースでは17号車が30周目にトラブルでマシンを止めてしまうが、100号車は武藤、小暮とつなぎレース後半は6位をキープ。そのままチェッカーを受けた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また18号車は今回初めてベルネをスタートドライバーに抜擢。チームは負担が大きくなると予想した後半スティントに山本を担当させることを決めた。序盤にGT300車両と接触があり、大きく後退するシーンも見られたが諦めずに挽回。山本が乗り込んでの後半スティントでは、前年王者のNo.1 ZENT CERUMO RC F(立川祐路)とのバトルに、サーキット全体の注目が集まった。

 タイヤの消耗でペースが上がらない立川を、NSX CONCEPT-GTが得意とするコーナー区間で追い詰める山本。しかしストレートスピードではパワー負けを隠すことができず離されてしまう。一進一退の攻防が続いたが、山本は冷静にチャンスを待ち、46周目の第2ヘアピンで立川が膨らんだところを見逃さずにオーバーテイク。最終的に7位でチェッカーを受けた。まだまだトップ争いをするには、さらなるスピードアップが求められるホンダ勢。しかし前回富士の状況を考えると着実に改善はされてきている様子だった。

 オートポリスでの第3戦を松本雅彦 Honda GTプロジェクトリーダーは、Hondaのリリースでこのように振り返っている。

 「決して満足のできる成績ではありませんでしたが、開幕戦、第2戦に比較するとマシンの仕上がりに関しては着実な進歩が見られたレースでした。そうした中、暑さの影響で#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTにトラブルが発生したのは残念でした。ただし、次戦からは新しいエンジンを投入することで、今回を上回る成績を残せると考えています。引き続き5台のNSX CONCEPT-GTに熱いご声援をお送りくださいますよう、お願い申し上げます」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 次回の第4戦(スポーツランドSUGO)から、全車エンジンが載せかえられることになっており、待望の新スペックを持ち込むことができる。序盤戦で後れを取った分、中盤戦でのホンダ勢の反撃に期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る