【2014ル・マン24h】日産ZEOD RC、決勝はリタイアに終わるも電力走行で様々な記録を樹立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©K.Sugawa
©K.Sugawa

 2年ぶりにル・マン24時間レースに帰ってきたNISSAN MOTOSPORTS GLOBAL。今回も新しい技術を取り入れたマシンが特別に参戦する「ガレージ56」でエントリー。昨年のル・マンで発表したZEOD RCで世界で最も過酷なレースの一つであるル・マン24時間での完走を目標に挑戦した。

 ただ、レース完走だけではなくチームはマシンの特徴でもある「電気自動車」の要素を利用した記録に挑戦。まずは予選セッションで本山哲がミュルサンヌ・ストレート(旧称:ユノディエール)で電力パワーのみでの時速300kmに到達。世界最高峰のレーシングスピードを電気のみの力で達成した。

 さらに決勝スタート前に行われたウォームアップ走行では、1周13.6kmのサルトサーキットを電力のみ走り切ることに成功。両記録とも80回以上続くル・マンの長い歴史の中では初めての快挙だ。

 今週末は初日のフリー走行にいきなりトラブルが発生し、修復作業に追われたが予選セッションから復活。3分50秒185で総合27位となった。決勝では2年前に果たせなかった完走と、電力のみでの連続走行挑戦などを目標にしていたが、スタートからわずか6周目(開始20分過ぎ)にギアボックスのトラブルが発生しアルナージュコーナーを抜けた先でスローダウン。コース脇にマシンを止め、そのままリタイヤを余儀なくされた。

 今回は本山哲に加え、現在SUPER GTで活躍中のルーカス・オルドネス、さらにGTアカデミー出身のウォルフガング・ライプのトリオで挑戦したが、残念ながら本山とオルドネスは決勝でドライブする機会がなくル・マンを後にすることとなった。

 日産は、すでに来年のWEC(世界耐久選手権)に加え、ル・マン24時間にLMP1クラスから参戦を表明している。今年のリベンジを来年のル・マンで果たしてくれることを期待したい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る