【SGT】2014第4戦SUGO:GT500クラスは一貴がぶっちぎりで今季初PP!NSXが今季ベストの2位を獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 日曜の朝に順延されたSUPER GT第4戦SUGOの公式予選。GT500クラスはNo.36 PETRONAS TOM’S RC Fを駆る中嶋一貴の独壇場となった。

 GT300の予選終了と同時にコースインしたGT500クラス。300車両がコース脇に止まり赤旗が出されてしまうが、再び仕切り直しで25分間のセッションがスタート。すると、ル・マン参戦で第2戦富士、第3戦オートポリスと欠場していた中嶋一貴が驚異的な速さをみせる。いきなり1分20秒464でトップに踊り出ると、その後も計測の度にタイムを更新。一時は2位以下に0.8秒近い差をつけた。セッション中盤に一度ピットインし、路面が乾き始めてきたことを想定したタイヤに履き替えると、ついに1分19秒台に突入。最終的に1分19秒153まで伸ばした。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ここまでタイムを伸ばされると誰もトップタイムを塗り替えることができなかったが、その中でも注目を集めたのが復活をかけるホンダ勢。No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTの小暮卓史が早い段階で2番手に浮上すると、チェッカーフラッグが振られた最後の周でNo.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTの塚越広大が意地をみせ4位浮上。今季は苦戦が続いていたNSX CONCEPT-GTだったが、陣営では今季ベストで初のフロントローを獲得した。また3位には前戦オートポリスで優勝したNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が入った。

 現在、スポーツランドSUGO上空にはまとまった雨雲はないようで、徐々に路面がドライになり始めてきている。難しいコンディションの中でスタートを迎えることは確実で、今年も魔物が牙を向く大波乱の展開になりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る